京都イチ!のイタリアン 「オステリア ソニ ドーロ」

  • ブックマーク

先日、父親が島根から来ていたのですが、ランチに
「パンか、パスタのおいしいお店へ行きたい」というので、
それなら「パンもパスタもおいしいお店へ行こう!」と連れて行ったのが、
私が京都イチおいしいと思っているイタリアン「オステリア ソニ ドーロ」。
前にも一度紹介しています。

ここのワンプレートはボリュームたっぷりだから、
デザートまで食べられない…といつもならAコースにするところを、
今回は初めてデザート付きのBコース1350円に。

 

コレコレ、このパンがおいしいのです。
パスタやメイン料理のおいしさも重要だけど、
パンが美味しいか否か、コレとっても重要。
メインがおいしくてもパンがいまいちだと、
なんだかなーとテンション下がりますから。

続いて、ボリュームたっぷりのプレート。
ウマイウマイと言いつつ、食べるしかありません。

そして、初めていただくこちらのデザート。
シャーベットにケーキ、カボチャのプリンの盛り合わせ。
…むむむ、私なんで今までBコースにしなかったんだろう。
どれもこれも、おいしすぎる!
どんなにお腹いっぱいでも、ペロリと食べられる。

父親と、おいしい料理と、とってもいい時間を過ごしたのでした。

オステリア ソニ ドーロ
住所:京都市中京区新町姉小路東入ル町頭町89
電話:075-213-7369
時間:12:00~13:30 18:00~21:00 火休み、月1回不定連休

 


ただいま怒涛の取材ウィークで、
3900円の会席ランチやら、3200円のイタリアンに7000円(!)のフレンチと
ものすごいいいものばかり食べさせてもらっています。
それにしても、取材させてもらうシェフの一皿にかける情熱たるや
どのお店も、スゴイ!のです。

話を聞かせてもらうほどに、感動で鳥肌が立つほど。
毎日すごい人に会って、すごい話を聞かせてもらって、
なんて幸せな仕事をしているんだろう!と感謝したくなるくらい。

そんな思いで作られる料理の数々、美味しくないわけがない。
…というわけで、それらの原稿を書き上げて、ちょっと一息ついたら
また少しずつアップしたいと思います。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。