葵祭2009

  • ブックマーク

行って来ました!葵祭。
京都に住んで10数年。
いつでも見られるんだけど、やっぱり毎年見たい。

 

京都御所や、下鴨神社に用意してある有料席じゃなくても、
少し早い時間に行ってコースになっている道路沿いを
陣取っておけば、バッチリ見られます。

私のオススメ無料観覧場所は、賀茂川堤。
賀茂川沿いの並木の下を優雅に行列がいく様は、見ごたえがあります。

ですが今回は、下鴨神社から出たところ、下鴨本通から観覧することに。
先頭から最後までゆっくり行列が見られて、両親も大満足。良かった良かった。

でもまぁ有料席の方が、重厚な雰囲気があって楽しめるのは間違いない。
特に、木が生い茂る下鴨神社、糺の森で行列を見たなら、
まさにタイムトリップ!な感じを味わえるはず。

ちなみに有料席は2000円。

 

40分~50分くらい続く長~い行列の中でも
一番の楽しみは、お姫様(斎王代・さいおうだい)。
今年の斎王代は、千万紀子さんという方。
千という苗字でピンと来る人も多いかも…。
かの裏千家・千宗室家元の娘さんだそうで。

大学時代、行列に入りたくて「斎王代に選ばれたら行列に入れるんじゃ?」
と思いつき、一体どうやって斎王代を決めているんだろう?
と疑問に思ったことがありました。笑。

それにしても斎王代になりたい人を募集してる様子はないし。
どうやって決めているのか、知りたいところ。

葵祭 2009

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。