ロームシアター京都3階にある展示スペース:ノマドに最適!まるで街中の隠れ家

広告

text by:江角悠子(@ezu1030

クライアントさんとどこかで落ち合って打ち合わせをする場合、「どこかありますか?」と聞かれたら、いつか行ってみたいなぁと思っていたカフェを提案してみます。今週はそんな打ち合わせが2回あり、1回目はロームシアター京都にある「京都モダンテラス」にしてもらいました。開放感たっぷりの吹き抜け空間に、高級感のある造り、すーごく魅力的なお店でした。ここはモーニングもしているので、いつか家族で行ってみたい。

その後、「ロームシアターの3階にノマドできるいい場所があるよ」と以前ライター仲間に教えてもらっていたので行ってみたところ…想像以上に快適な空間が広がっていました!ここは京都岡崎 蔦屋書店がプロデュースしている空間で、「感性で伝わる、共感でつながる」をコンセプトに、文化や芸術の知見を広げることを目的とした展示スペース、なのだそう。

本棚が並ぶ中に広〜いテーブルが用意してあり(→こんなとこ)、ソファ席もある。おまけにWi-Fiは繋がるし、うるさいBGMもかかっていなけりゃ、人も少ない。さらには1階にあるスタバのコーヒーを持ち込んでもいいのだとか!これ以上ない快適な仕事場!ふかふかのソファ席では寝てる人もいましたよ。自由。仕事じゃなくても、ふらり本を読みにきたいなぁ。

 

修学院のカフェ・セイカツノガラへ

2回目の打ち合わせは、修学院にあるカフェ「セイカツノガラ」へ。インスタグラムで誰かが素敵な画像をアップしていて知り、これまた行きたいなぁと思っていたのです。

セイカツノガラ

小さな看板。この左手奥に進んだ場所にお店はあります。隠れ家的なカフェなので、待ち合わせ場所にするには分かりにくかったかなと思ったら、案の定、待ち合わせた方が少し迷われたのでごめんなさいと思ったことです。

セイカツノガラ

いただいたのは、キャラパリチーズケーキとカフェオレ。クレームブリュレみたいに、表面がパリパリ。ケーキも2層になってておいしかった。

どちらのお店も「私も行ったことがないんですけど、これこれこんな理由で行ってみたいです」と提案してみるといいですね〜と相手の方も乗ってくれ、いざ行ってみると「いいお店ですねえ」となり、ホッとしました。自分が行ったことないぶん、ちょっとスリルあるけど、どうせ行くならチェーン店じゃなく、行ってみたいお店。

——–

今週はたまたま東京の編集の方2人とお会いすることとなり、これからどんなことが始まるのがワクワクしています。企画が通れば、これまでにない何万文字というテキストを手がけることになるようで。2月にロースターさん5軒取材させてもらって、2時間のロングインタビュー+3000字4000字みっちり書く仕事面白いなぁ、こういう長文を書く仕事に比重を傾けて行きたいなぁと思っていたので、まさに願ってもないお話。さて、どうなるかなぁ(笑)

note書いてます!

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)はこちらから。

京都に暮らして22年、京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなども綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします