三重・伊勢志摩の旅館「扇芳閣」摩訶不思議スポットが魅力…3世代で楽しむ伊勢旅04

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

text by:江角悠子(@ezu1030

早朝6時に目が覚めたので、早速、露天風呂へ。旅館に泊まって何が楽しみかっていうと、朝風呂です。爽快な目覚め。朝食はバイキング形式で、それはもうたくさんの種類のおかずが並ぶテーブルをぐるぐると回って、食べたいものを食べたいだけ。伊勢特産の食材もいろいろと。

あれ? 写真だけ見ると、病院食みたいになっていますが。伊勢海老のヒゲが飛び出したお味噌汁なんていかにも伊勢っぽい。朝食を食べ終えると、旅館の上にあるという「めだかの学校」をのぞいてみることに。ここが本当になんとも摩訶不思議なスポットでした。

スポンサーリンク

昭和が炸裂。摩訶不思議スポット「めだかの学校」

露天風呂へと続く道を右にそれて、坂を登るとある「めだかの学校」。公園のようになっていて、展望台のようであり、朝の散歩にちょうどいい。

めだか、いるいる!と三姉妹マダム。

足湯もあったので、体験してみました。タオルもちゃんと用意してあって素晴らしい。絶景を臨みつつの、足湯です。でもなぜかボートにお湯が入っている。

音楽人形館なんてのもありました。出入り自由、無料。楽器を持った人形がずらずらと並ぶ不思議な空間。

極めつけがこれ。誰なんだ。シュールすぎて吹きそうになりました。

お約束で、顔ハメ。

温泉卵が作れるコーナーも。卵1個50円。20〜30分かかるそうで時間がなくて諦めました。置いてあるあらゆるものが昭和で時が止まっているよう。「いったい何なんだ?これは」とツッコミながらみていたら、それはそれで楽しい。

とにかく眺めは最高。置いてあるものが謎だらけだったけど、なんか面白かった!!そして伊勢旅2日はパルケエスパーニャへ!

続く。

 

伊勢旅01…鳥羽展望台の絶景レストランへ
伊勢旅02…鳥羽「海の博物館」佇まいが最高!
伊勢旅03…昭和レトロな旅館・扇芳閣
伊勢旅05…志摩スペイン村へ

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします