懐かしのおやつ、金平糖「緑寿庵清水」

  • ブックマーク

近所の川沿いの桜は、もうつぼみがパンパン。
今にもはじけそうな勢い。
京都の桜は今週末くらいから、どんどん咲いていくのかもしれません。
川沿いが、薄ピンク色に染まる季節が待ち遠しい。

さて、そんな季節にぴったりの嬉しい頂きモノがありました。

 

京都でただ一軒残る金平糖の専門店「緑寿庵清水」の桜の金平糖です。
桜の花びらと同じ、薄いピンク色が可愛らしい。
この桜味は、季節限定だそう。

一緒に入っていたメモによると…

塩漬けしてある桜の花びらを、細かくして蜜がけし、
軸を煮て色と香りを取りました。
桜本来の香りが少ない分素材をふんだんに使用し、
十六日間かけて作る人気商品で、
毎年桜が咲く頃には売り切れてしまうお品です。

…だそうです。

味は、桜餅のような感じ。

市販の金平糖は、イガイガがもっと鋭かったような気がしますが、
ここのはイガイガというより、ポチポチといった感じで愛嬌があります。

見た目も可愛らしいし、食べても美味しいし、
待ち遠しい春を一足先に感じられて、
なんだか、ホワ~っと心が温かくなる、とっても嬉しい頂き物でした。

緑寿庵清水
住所:京都市左京区吉田泉殿町38-2
電話:075-771-0755
時間:10:00~17:00(3月~9月)  水・第4火休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。