新風館で気になるイベント「お母さんたちのフードマルシェ」

  • ブックマーク

漢字検定からそろそろ1ヶ月。
ネットで合否判定ができるので、ソロソロと見てみました。
そしたらば、2級、合格していましたー!
ふふ。嬉しいな。
応援メールくれた方、どうもありがとうございました。
次は着物の着付けでも習おうかしら。
いつか自分で着物を着て、取材へ行くというのが小さな野望。

さて、先日やさい市に行ってきましたが、
そこで気になるチラシが置いてあったのでもらってきました。

山城、丹波、丹後、京都市などの農家のお母さんたちが作った
自慢の加工品が揃うイベント。新風館であります。

出店されるのは、金時にんじんドレッシングや、
米粉ガトーショコラ、ヤーコンジャム、梅入り生キャラメル、
満願寺ピクルス、琴引の塩ジェラートなどなど、気になるものばかり。

入場無料で、500円で6品が食べられる「お試しチケット」を
販売しているようです。
いろいろ味見して気に入ったものを買うのに嬉しいシステム。

申し込み、問い合わせは、以下へ。
TEL090-7483-7796
FAX075-702-1590

子どもが生まれると、やっぱり口に入れるものが気になる。
やさい市もそうだけど、こんなイベントは嬉しい限り。

日時:3月1日(日)11:00~15:00
場所:新風館 中庭
   京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。