京都・百万遍 知恩寺の手作り市へ

広告

毎月15日は、知恩寺の手作り市!ってことで
本日朝イチで行ってきました。久々に。

お目当ては友だちの作る天然石を使ったピアス。
インスタをフォローしているのですが、可愛くてかわいくて気になっていたのです。

広い境内に毎回450軒ほどのお店が並ぶそうで、見つかるかなぁと思ったのですが、
インスタに載っていたコメントを元に無事お店にたどり着き、
小粒で透明の天然石のピアスをゲット!

キャッチがパールになっているのもイイ!

お目当てのものだけサクッと見て帰ろうかと思っていたのですが、
ほかに出店されているお店も魅力的で、結局グルグルと周り…

ミニチュアのラーメンとか、もう可愛すぎるんですけど。

御多福珈琲を飲んだり(夫が)
私の大好きなパン屋さん「ラミデュパン」も出店していたのでパンを買い、
北白川通りにあるカレー屋さん「ガラム・マサラ」のお店を見つけて、
オリジナルのカレー粉を買ってみたり。
なんだかんだで1時間以上滞在。

全部見ようと思ったらたっぷり1日はかかりそうです。
京都ファーマーズマーケットもそうだけど、なぜに手作り市とかってあんなに楽しいのだろう。
活気があってその場にいくだけで、何か買わなきゃ!みたいな気になってくる。
作り手さんがそこにいてお話とか聞けるからだろうか。

というわけで、年内最後の手づくり市。
今日の夕方までやっているので、興味のある方はぜひ。
近隣の駐車場は軒並み満車だったので、バスや電車で行くのがおすすめです。

————–

コスマグに、手作り市に関する興味深い記事があるので、こちらもどうぞ。

【百万遍さんの手づくり市】クラフトマーケットの先駆け 手づくり市に出展してみた。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!