京都人のお鍋「権太呂」のうどんすき

  • ブックマーク

いつもなら年末ギリギリ、なんなら新年にヒーヒー言いながら
書いている年賀状ですが、今年は印刷もさっさと済ませ、宛名書きもすでに終了。

赤ちゃんが生まれた家庭のお約束、顔写真入りの年賀状を
大好きな人たちへ送りつけてやるのです…。

さて、先日忘年会でお鍋をしたのですが、主催したのが生粋の京都人。
とっても美味しく、且つ京都人だからこそというお鍋だったので紹介。

まず、お鍋の味を左右するお出汁。
京風うどんすきで有名な、権太呂のお出汁が用意されていました。
「お店で食べたらもちろん美味しいえ。でもお高いやろ。
実はお店でお出汁だけでも買えんねん」とのこと。

それは知らんかった!

 

ネットで検索してみたら、確かに売ってました。
一汁320ml×8袋で1470円。

さらに、具にも京都人らしいチョイス。
とようけ屋のおあげさんとお豆腐です。
京都の人が油揚げのことを「おあげさん」というのは、
とても可愛らしいなぁといつも思うのだけど。

 

うちで鍋をするときに、おあげさんを入れたことはなかったのだけど、
これが私の中では大ヒット!お出汁をたっぷりすって、んまいんまい。
一人で1枚分は食べられそうなくらい。

肝心のお出汁は、シンプルで何も余計なものが
入っていないんだろうなぁという優しい味。
なので、野菜もお肉もよりおいしく感じられて、どんどんお箸が進む。
そして、締めにはおうどんを。

お家で手軽に本格プロの味を満喫できる裏技を教えてもらったのでした。
京都に住んでいなくとも、お出汁はネットで買えるので、ぜひ。
ホント、おすすめです!

権太呂 岡崎店
住所:京都市左京区岡崎南御所町17
電話:075-751-7880
時間:11:00~21:30 水休

とようけ屋山本 本店
住所:京都市上京区七本松通一条上ル滝ヶ鼻町429-5
電話:075-462-1315
時間:4:00~18:30
 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。