旅のお供にAmazonビデオ

  • ブックマーク

先日の茨城取材に続き、今週末はいよいよ初!お泊り取材で高知へ行ってきます。
旅のお供に文庫本は欠かせず、前回は星野源のエッセイ「働く男 (文春文庫)」を読了。
今回も何冊か本を持っていこうと検討しているのですが、
合わせて、アマゾン・ビデオもスタンバイ。
2016-11-14_17-16-44_000

家でWi-FiにつないでいるときにAmazonプライムのビデオから
見たい映画をダウンロードしておけば、出先でもスマホの通信量を気にせず見られるというわけ。

で、今の世の中、本当に便利すぎる。

次に見たい映画をウォッチリストに入れて保存しておくことができるので、
たまにこうして一覧を眺めては、片っ端から見たい映画をリストに入れておくのが
ちょっとした楽しみ。

こないだチェックしていたら、大好きな映画「天使の分け前」
「ミッドナイト・イン・パリ」が追加されていて、早速リストに追加。

—–

だるくてやる気がなくて、布団に寝っ転がっていたときに
何となく見始めたインド映画が衝撃的に面白くて
ものすごく元気をもらったり、

2016-11-14_17-18-21_000

 

北海道の旅から帰ってきて再び見直した「しあわせのパン」もしみじみよかった。

2016-11-14_17-18-32_000


こないだは、ついにAmazonビデオやYouTubeなどを
テレビの大画面で楽しめるというFire TV Stickも購入してしまったし。

 

秋の夜長をまったり映画三昧で楽しめる準備は万端。
この高知出張でも大活躍してくれそうです。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。