京都ベジラボの記事更新。滋賀で有機米を育てる「うねの農園」

広告

京都ベジラボ

以前、田園紳士の活動の様子をレポートしましたが、
今回は滋賀県で有機米を作るうねの農園の釆野哲さんにお話を聞いてきました。

スポンサーリンク

田んぼの中の生き物と一緒に育てる滋賀の有機米

どうやってお米が作られているか、
宝酒造さんの田んぼの学校で何年も取材させてもらっていたのに、
お話を伺ってみたら、実際のところなんて、何にも分かっていなかったんだなという衝撃。

記事より一部抜粋

——–

農薬を使うことが当たり前できた年配の農家さんの中には、
生きものに関心がない人も多いと思うんです。
みんなあまりに簡単に農薬を使ってしまう。
例えば、カメムシが発生する時期が来たら、
一斉に農薬を撒きましょうという案内が届くんです。

一軒でも農薬を撒かない田んぼがあれば、そこからカメムシが隣りの田んぼに
移動するなどの問題があるから、みんなでせーので撒きましょうという具合に。
その農薬を使うことが、生態系にどんな影響を及ぼすのか、
その辺りにもっと目を向けてみて欲しいと思います。

——–

詳しくはぜひ記事で。

note書いてます!

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)はこちらから。

京都に暮らして22年、京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなども綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします