北白川にある「シスターフッド書店Kanin」さんにZINEを置いてもらっています!

  • ブックマーク
  • -
    コピー

オープンしたときから気になっていた北白川通りにある書店「シスターフッド書店Kanin」さん。

「シスターフッド」とは、「女性同士の連帯を意味する言葉で、このお店は、「本とお酒を楽しめる女子のためのブックカフェ」とサイトには載っています。このコンセプトが素敵だなぁと思って、ずっと気になっていたのです。

ようやくお店に行くことができ、ZINEを置いてもらえないかと相談。後日、置いていただけるとの連絡があり、さっそく持って行ってきたのでした。

私のZINE「文章を書いて、生きていきたい」「わたしは、まじめちゃん。」の2冊を置いてもらえることになりました!

奥に見えるのがカフェコーナー。読書会も開かれているそう。

カフェコーナーでは、女性の焙煎家やバリスタが多く活躍する「表参道LATTEST」の豆でハンドドリップしたコーヒーや、有機栽培の紅茶、ジュース、サラミやチーズなどのおつまみも楽しめるとか。

本に囲まれた空間で、おいしいものをいただきつつ、読書できるとか。最高すぎやしませんか。今度はお客さんとしてゆっくりお邪魔したいと思います!

シスターフッド書店Kanin

〒606-8277
京都市左京区北白川堂ノ前町1 デュ北白川105
営業時間:月・木・金12:00~17:00、水12:00~16:30、土・日12:00~19:00(火曜定休)

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。