2022.12.20(火)

  • ブックマーク

朝、雑巾がけして、瞑想。

昨日から、なぜか今日は金曜日と思ってしまって、そのたびにハッとする。

毎週金曜日に生協から食材が届くのだけど、その箱を回収してもらわねば!外に出しておこうと思って、あ、今日は金曜じゃないわ、とハッとするっていうのを繰り返している。

なんで。

今日は午後から中学で三者面談だから、弁当いらんかなと思って中2の息子に聞いた。今日いるのかとか、もうすぐ冬休みだし、いつまで必要なのか?とかいろいろ聞いてたら、ものすごく面倒くさそうに「何の心配してんの?」と言われて、久々にブチギレてしまった。

「今日お弁当いる」とさえ言えば、魔法のように現れるとでも思っているのだろうか。

は?気にするに決まってるでしょうが!!おかずの用意したり、ご飯炊いたり、事前にやることがいろいろあるでしょうよ!!!!自分で全部するわけ??とまくしたてたら、謝ってた。

気分変えて、ランニング。冬のランニング、寒いけど、行ってしまえば楽しく気持ちいいしかない。

メルマガ書いて、今日は年内最後の取材。

一棟貸しの宿「清閑寺池田倶楽部」へ。東山まで車で向かう。ナビにしたがって渋谷通りに入る。京都に渋谷なんてところがあったんだと新鮮。読み方は「しぶや」ではなく、「しぶたに」だった(あとで取材の人が教えてくれた)

すんごいいいお宿だったので、私もいつか泊まってみたい(だが、いいお値段)。

中学で三者面談。怖い怖いと思ってたけど、やっぱり怖かった。自分のこと言われるより怖い。

夕方、仕事から帰ってきた夫と私と息子で、これまた三者面談。人生どうするか…なんて息子に聞いたけど、私だって中2のときなんて、何にも考えてなかったなぁと思いつつ。

私自身、中学ではそれほど努力せずとも、そこそこの点数を取れてて、高校は親が決めたところに何も考えずに入ったら、私はギリギリの底辺で(地域イチの進学校だった)、ものすごく苦労したんだけど。

だからこそ、そんな風になってもらいたくないと思ってアレコレ言ってるけど、息子には何にも響いてないようだった。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は満席となりました。第9期は2023年初夏からスタート予定です。