沼底の生活レポ〜BTSの「MEMORIES OF 2020」 を購入〜

  • ブックマーク

6月に突如ハマってしまったBTS。そろそろ2ヶ月経つし、落ち着くかなぁと思っているんだけど、なかなか。

7月には「MEMORIES OF 2020」なるものが販売されると聞き、メモリーズって何?と思って調べてみました。

メモリーズとは、BTSのその1年間の思い出やコンサートを含むスペシャル映像が詰め込まれた最高の作品です!とのことで、価格がなんと10,560円 (税込)。

た、高い!DVD7枚入りであることを考えると、安いのかもしれないけど、でも1万円!?高すぎない?と一瞬思ったけど、即購入。

BTS MEMORIES OF 2020

大人が沼にハマると怖いなって思った。若い頃に比べて下手にお金を持っているだけにやばい。

DVDは数量限定らしく、発売後すぐに完売となっていた。

で、それが先日届いたので、DVDを仕事終わりにチビチビ観るのがここ最近の楽しみ。

それで、ここ連日DVDを観てて思ったのが、スタッフさんの愛がすごいなってこと。

日本語字幕もついてるのだけど、コメントがいちいちファン目線で共感しかない。

BTS V
私の推し・テテ

今日も相変わらずとてもカッコいい。

ってホントそう!と思いながら観ている。

BTS V
もうテテは妖精か天使か神かなって思ってる。この世のものではない尊さ。

今日もいつも通りエンディングの妖精登場。 

ってこれもホントそう!と思いながら観ている。

こんなかんじで、全編BTSのことを好きじゃないと思いつかないコメントばかりなので、観ているだけで楽しい。メンバーはきっと目が回るような忙しさだと思うけど、スタッフの人たちから愛されて、すごくいい環境で仕事をしているんじゃないかなって思った(私は、BTSのメンバーみんなが幸せだったらいいなぁと日々願っている)

あと、すごいな!と思ったのが、BTSは7人メンバーがいるのだけど、それぞれ一人を追った映像っていうのも用意してある(※FANCAM ファンカムと言う)。推しだけを延々と見ていたいファンの気持ちを、こんなにも理解してくれてる映像があるだろうかと思って感動した。すごいな。

全体を映した映像+メンバー一人ひとりを追った映像(7人分)ってことで、少なくとも8台以上のカメラで撮影してるってことだ。ありがたい。この世にはそんなものがあったんだなぁと思って、韓国の文化?か分からないけど、日本ではないようなこともたくさんあることを知れて、面白い。

DVD、チビチビ観ているつもりがあっという間に7枚見終わってしまったので、そろそろ2周目に入りたい。

こないだは、BTSのLINEスタンプがあると知り、夫にポイントで買ってもらった。このスタンプの売上の一部は、BTS「LOVE MYSELFキャンペーン」基金を通じ、ユニセフの児童·青少年暴力根絶プログラムに活用されるとのこと。こういう活動もしているのが本当に素敵。

そして買った瞬間、同じタイミングで見事BTSにハマったママ友に送りつける私。

BTS LINEスタンプ

(振り回されてて大変だけど)沼底の生活を楽しんでる。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。