参加者を募集中です!現実を変える! ライティング講座(基礎)

  • ブックマーク

子育てをしながら活躍するリーダーを増やすため、「子連れMBA(Makers of Business Art)」を運営する一般社団法人ぷちでガチさんからのご依頼で、9/15(水)&29(水) に、ライティング講座を担当させてもらうことになりました!

ライティング 講座

講座名は、現実を変える! ライティング講座(基礎)!

告知ページは、今回の講座を依頼してくれた赤坂美保さんが書いてくれたのですが、タイトルを「現実を変える! ライティング講座」としてくれていて。

それを読んだときに、ハッとしました。

言われてみれば、私は書くことで人生を動かしてきたんだなって。

書くことで、目の前の現実を変えることができる。

ふだんはそんなに意識していなかったけど
ホントそうだなぁと思って、改めて気付かせてもらったのでした。

書くことで自分がどう思っているか明確になる。
明確になると動けるようになる。

また、それを発信したり、誰かに伝えられるようになると、誰かが動いてくれたり、協力してくれたり、興味を持ってくれることがある。

それで現実が動き出す、変わり出す、自分の進みたい方に進めるということが、本当にたくさんありました。

そんなわけで、私がこれまでブログを書いて起こった嬉しいこと一例。

京都で行ったおいしいお店を紹介していたら、うちのお店にも食べに来てくださいと、懐石料理(3万円分)を無料で食べられた!

コツコツと仕事の実績を載せていたら、それを読んでくれていた大学の教授から、非常勤講師の仕事を依頼された!

過去のお仕事実績

レトロ建築、洋館が好きで行ったところを勝手に紹介する記事を書いていたら、前からやりたかった旅の仕事を依頼された。雑誌Hanakoの洋館特集の記事も任せてもらえた。また別の冊子の洋館コラムの依頼が来た。

洋館の記事

スピリチュアルテラー、サトミさんに占ってもらったことをブログに書いたら、それを読んだ幻冬舎の編集さんから本にしませんかと依頼があり、前からやってみたかったブックライティングの仕事ができた→本は9万部超えのベストセラーに。

出版のきっかけとなった記事

などなど、細かなことを書き出せばもっとたくさん出てきます。

SNSが発達し、リアルで人と会う機会が減った今、書く力、書いて発信する力は、今を生きる人にとって、すごい武器となってくれるんじゃないかなと思います。

講座は、合計3時間。


お昼休みにサクッと受講してもらえるよう
時間は12:05~12:55で
Zoomによるオンライン開催となっています。

講座ではノウハウを知るだけではなく、ワークを通して実際に書く作業もしてもらいます。

日々の「書く」が、あなたの将来を変える「書く力」の訓練になるように、と思って、今絶賛!初回の動画づくりに取り組んでいるところです…(今週中にできるはず)

というわけで、ぜひこの機会に人生を動かす「書く力」の基礎を身につけませんか?

インプット×アウトプットで身につく計3時間超 
一般価格 6,000円(税込)

お申し込みは下記から!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。