ドラマ「家族ノカタチ」と「ナオミとカナコ」にハマり中(note更新しています)

  • ブックマーク
  • -
    コピー

皆さま、今期のドラマは何か見ていますか?
我が家はこの年明けにようやくハードディスクレコーダーを手に入れ、
やっと好きな時間に好きな番組が見られるという状態になり
(今まではビデオデッキ…録画できないし)
いろいろ録画しては、テレビを楽しんでいます。はぁ、楽しい。

で、今私がハマっているのは、「家族ノカタチ」「ナオミとカナコ」
今回更新したnoteは、ドラマを見て変な夢を見たという、本当どうでもいい話(笑)

寝る直前に本を読んだり、映画を見たりしたら
それに反映された夢を見るのですが、これは誰でも、そうなのだろうか。


子どもがいると、集中して本を読む時間がなかなか取れず、
最近はぼ~っと適当に読めるコラムやエッセイみたいなものばかり読んでるのだけど、
それがまたよくて、気分転換できるし、くすっと笑ったり、ホッと癒されたり、
私がふだん何となく抱えている気持ちをきちんと文章で表現してあったりして、
あぁそうだなって気づきもあったりして、

で、私もそんなものが書けたらいいなと思う。

ナオミとカナコ、今後の展開が気になりすぎて、小説買って読もうかなという勢い。
奥田英朗さんの小説は、本当に面白くて、いっとき読み漁ってました。

ナオミとカナコ
奥田 英朗
幻冬舎
2014-11-11


 
男の人なのに、なんでこんなに
女性の気持ちを理解しているの!って叫びたくなるくらい
描写が細やかで的確でユーモアがあって、魅力的です。

読んで面白かったものを羅列。
また読み直してみたいなぁ。

イン・ザ・プール (文春文庫)
奥田 英朗
文藝春秋
2006-03-10


ガール (講談社文庫)
奥田 英朗
講談社
2009-01-15


ララピポ (幻冬舎文庫)
奥田 英朗
幻冬舎
2008-08


マドンナ (講談社文庫)
奥田 英朗
講談社
2005-12-15


 



 
—————————————————————————–

●不定期エッセイnote「徒然コラム」

●お仕事のご依頼は、

writer.ezumiあっとまーくgmail.comにメールをお願いします。
(分かる範囲で日時、〆切、ギャランティーなど、詳細の記載をお願いいたします)


 

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。