【仕事実績】雑誌「婦人画報」2021年7月号お取り寄せ冊子にて記事執筆しました!

  • ブックマーク

こんにちは。京都で活動しているライターの江角(@ezu1030)です。

6月1日発行「婦人画報7月号」のお取り寄せ冊子にて、京都は二年坂に工房を持ち、御所人形を手掛ける島田耕園さんのぺージの取材・記事執筆をしました!

[itemlink post_id=”28760″]

心に残った7月号の内容

婦人画報7月号の特集で気になったところ。

「上村松園とめぐる女の一生」で紹介されていた女流画家・上村松園さんの言葉。

いい人間でなければ、いい芸術は決して生まれません。

私も「いい人格でなければ、いい文章が書けない…(がーん)」と思ったことがあって、それに通ずるなぁと思ってうれしくなりメモ。

また別の特集「上遠恵子 91歳のセンス・オブ・ワンダー」では、「自分らしくご機嫌にいのちを大切にする生き方とは?」がテーマのインタビューが。自分らしく。私が今一番興味のあるテーマだったので、じっくりすみずみまで読んだ。

あと、【別冊付録①】も良さげ。

「いつもの献立をほんのひと手間でランクアップ!シェフ直伝 家庭料理レシピ40」

飴色に炒めた玉ネギを入れるポテトサラダとかおいしそう。

おうち時間増えてるから、レシピみながら新しい一皿にも挑戦してみたい。

それにしてもこれほど充実した内容の雑誌を毎月作るなんて、編集部の方々はホントすごい!読みごたえありです。ぜひ(雑誌を購入の上)読んでみてください。

撮影裏側

今回も島田耕園さんの商品撮影をしたのは、巨匠・久保田さん。場所は、いつもお世話になっている祇園の「万治カフェ」さん。

撮影はいつもカフェの2階をお借りしているのだけど、掛け軸とかお花とか、毎回季節感たっぷり。素敵なしつらいが用意されているので、行くのが楽しみなのです。

そして、もうひとつのお楽しみが撮影後の珈琲とおやつ。この日のおやつは、婦人画報の「お取り寄せ」でも取り扱いのある「祇園ブラウニー ほうじ茶抹茶でした!おいしかった。

撮影の時期がちょうど4月上旬だったので、1階のカフェに島田耕園さんの「都をどり人形」が並んでいました。

[itemlink post_id=”28760″]

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第8期京都ライター塾、受講生募集中/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は2023年1月からスタートします。

ただいま、受講生を募集しています!(※残席1)