「いのちのミュージアム」にエッセイを展示してもらっています。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

東京都日野市に「いのちのミュージアム」という場所があります。
廃校となった小学校を会場に、
命をテーマにしたさまざまな展示をしているところ。

これまでにブログで何度か紹介していますが、
生命のメッセージ展の常設展示もあります。

で、この「いのちのミュージアム」の廊下ギャラリーという場所に、
私のエッセイを展示してもらっています。


こんな小さな冊子も作ってくださったようで。ありがたい。

妹の紹介と共に。お近くの方、行く機会がありましたらぜひに。

—–

今朝は飲酒運転に関する原稿を書いていたのですが、
その作業をしたら、もうダメ。その後ほとんど仕事にならず。
無気力の塊。
その原稿もうまく書けたか分からないけれど。
公開されたらお知らせします。

命日が来る12月は、もうダメだ。私はもう何もしたくない。
家事も育児もしたくない。何も考えずに、ただ泥のように寝ていたい。

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は開催未定ですが、最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。