「はじめての副業 Webライターで頑張らなくても安定収入を手にするための教科書」プレゼント企画のご案内!

  • ブックマーク

お友だちのライター・なつみさん(@NatsumiToshi )さんの本「はじめての副業 Webライターで頑張らなくても安定収入を手にするための教科書」(秀和システム)が4/29に発売されました!おめでとうございまーす!

うれしいことに、なつみさんから本を献本してもらいました〜! が、どうしても自分で購入したくて今、手元に2冊あります(笑)

せっかくなので、1冊をメルマガ読者の方にプレゼントしようと思いつき、この記事を書いています。

プレゼントの応募フォームについては、5/7(金)正午配信のメルマガにてお知らせをいたします。

メルマガ登録がまだの方はこちらから!

きちんと稼ぐ方法が載っている

前著を購入して読み込んでいる私ですが(この本は2017年8月に出た『頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書』の改訂版という位置づけ)、私が京都ライター塾で伝えていること、伝えきれていないこともぜーんぷ!この本に載っているんじゃないかと思っています。

これはまさに、ライターとしてきちんと稼ぎたい人の必読書!

本の帯に「文章力を磨くだけでは、収入アップにはつながらない!」とありますが、これは本当にそうで。私はフリーライターになってからずっーと「ライターって稼げない…稼げない…」と思っていましたが、ライターとして稼ぐのは、文章力とはまた別の技術なのでした。

じゃあ、どうしたら稼げるの?というのが、この本には書いてあるわけです!!!

私が一番「これは参考になったわ〜!」と感動したのが、「信頼関係を崩さない報酬交渉の仕方」。

「うまくいっていないライターさんほど、報酬交渉をしていません」と書いてありますが、これはまさに数年前の私のこと。本にもありましたが、そもそも報酬交渉をする発想自体ありませんでした。

ギャラって交渉して良かったんだぁ…という気付き。そしてギャラアップするための具体的なテクニック。

で、この本に書いてあるとおり報酬交渉をしてみたら、なんとホントにギャランティーがアップしたのです!!!

ギャラに対して作業量が多いなぁと思いつつも我慢してやっていた仕事、この単価は安すぎじゃないのかなぁ?と思って交渉もせず断ってしまっていた仕事など。思い切って交渉してみると、案外すんなりアップしてくれたり。

ギャラがアップするのはもちろんうれしいですが、交渉することで、自分の中で納得して気持ちよくお仕事できるようになったことが、なによりうれしかったです。

もし今思うように稼げず行き詰まっているライターさんがいたら、ぜひ本を読んで、きちんと稼げるライターさんを目指してほしいなぁと思います。

京都ライター塾の受講生にも絶賛オススメしている本。ライターとして安定収入を得たいという方は、必読の1冊!

ぜひ読んでもらいたい本なので、メルマガ読者の方、1名にプレゼントします!

応募フォームについては、5/7(金)正午配信のメルマガにてお知らせをいたします。

メルマガ登録がまだの方はぜひこの機会に!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。