出雲での夏休み2015

  • ブックマーク
  • -
    コピー

お盆が始まると、お寺の仕事がいよいよ忙しくなり、

毎年のことながら、何が何だかという感じであっという間に終了。

思い悩んだ卒乳のこともあって、少し憂鬱な気持ちで過ごした今年のお盆の記録。

(卒乳のことはまた別途)

11日、祖父母のお墓参りへ多岐へ。その後、キララ多岐で海水浴した後、

いちじく温泉へ。

12日、高校時代の友人宅へ。

新築の一軒家。家には滑り台もあるし、リビングは広いし

なんたってWiiもあるし、子どもたちにはたまらなく魅力的な場所。



集まった友達3人とも、子どもが3人以上という先輩。

「うちの一番下の子4歳だけど、まだおっぱい飲んでるよー」な友達もいて、

そっかーと思ったり。




アウトドア派の夫が我が家に来るようになって定番化した夏のBBQ。

大山に遊びに来ていた真紀ちゃんまで参加してくれて

子どもを入れて総勢12人の楽しい会に。

夜は、ひかわ美人の湯へ。ここはネーミングも泉質もいいけど、

緑あふれる露天風呂が何よりお気に入り。




13日、弟夫婦が作ってくれた豪華な夕飯。アクアパッツァにマグロの漬け、

トマトと大葉入りの出し巻、海老とアスパラのサラダなどなど。

誰かが作ってくれる料理は本当においしい。 




おっちゃん(弟)におもちゃを買ってもらうことが一番の楽しみ!な息子。

いつぞやは、ヘリコプターのラジコンを買ってもらったのだけど、

操作が難しく遊び始めて5分で壊したことも。

今回はミニ四駆を2つ買ってもらって、

自分で作れず結局弟と夫が完成させたのでした。





15日。お盆の仕事が終わり、いつもの鮨屋さんでお疲れさま会。

間違いなくおいしい。のどぐろのあぶりは絶対!

カウンターの鮨屋で飲んで食べて一人5000円ほどって、京都では考えられない。




Uターンラッシュを避けたくて、16日朝の7時50分に出雲を出発。
宝塚の渋滞は8キロ程度で、4時間ちょっとで京都へ。 

ビルの上から送り火。

京都に住んでいながら、いつもお盆は島根で過ごすため、送り火を見れたのは3回目。

お盆があっという間に駆け抜けていくから、

ちゃんとお迎えして送れているのか。

私の妹、帰ってきてたのかな。また来年。 

さあて、お盆も終わりいつもの日常へ…は、なかなか戻れそうにないですが、

雨が妙に心地よい月曜日の朝、のんびり通常モードに切り替えていこうと思います。

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。