編集担当した書籍「純喫茶とあまいもの 京都編」が11/12発売!

  • ブックマーク
created by Rinker
誠文堂新光社
¥1,760 (2020/11/24 14:30:40時点 Amazon調べ-詳細)

昨年のブログに、純喫茶を取材している様子をちらっと紹介していましたが…あれから早1年。コロナ禍の影響などいろいろありましたが、ついに編集担当した書籍「純喫茶とあまいもの 京都編」が、11/12(木)発売となります!!!!

純喫茶のあまいものに注目!

created by Rinker
誠文堂新光社
¥1,760 (2020/11/24 14:30:40時点 Amazon調べ-詳細)

書籍では、全国1700軒以上の純喫茶に通い詰めた難波里奈さんが厳選した、京都の名喫茶30店を紹介してます。

言わずとしれた有名店から、地元に人に愛され続いてきた隠れた名店まで。1軒につき6ページとボリュームたっぷり写真たっぷりに紹介!

今はまだあちこち気軽に行けるときではないのかもしれませんが、人気メニューの誕生秘話や秘密のレシピのほか、お店の外観や内装、食器、そして店主の人柄まで、喫茶にまつわるストーリーをしっかり楽しめるようになっているので、読んで眺めて、それだけでも楽しめる1冊になっています!

ソワレ
スマートコーヒ
翡翠

取材の裏側

著者の東京喫茶店研究所二代目所長の難波里奈さんと、尊敬するカメラマンさんの石川奈都子さんと3人で、京都の純喫茶をめぐること半年。取材に行き出してすぐ、アンティーク好き、レトロ建築好きな私にとって、純喫茶はそれらに気軽に触れられる魅惑の空間ということに気が付きました!

行く店行く店、どこも魅力的で、しかもあまいものを試食させてもらえるというミッション付き。こんなに楽しい取材あるのかなと思いながらの半年でした!

内容

純喫茶に憧れはあるものの、常連さんに混じっていいのかなとか、私が入っていいのかなとか、ちょっとハードルが高いイメージだったのですが、取材させてもらったお店はどこも常連さんも初めましての人も分け隔てなく、受け入れてくれる懐の深いお店ばかり。

誰がいつ行っても居心地がいいから、いろんな人に愛され、昔から長〜く今に続いているのだなぁと思ったのでした。ぜひ本を片手に気になったお店、訪ねていってみてください!

■目次

〈パフェ・ゼリー〉


マリ亞ンヌ/喫茶リゲル/ひめりんご/キャメル/ゴゴ/切通し進々堂/フランソア喫茶室

〈プリン・アイス〉

喫茶翡翠/喫茶フルール/イノダコーヒー三条支店

〈ホットケーキ・トースト・パン〉

珈琲の店 雲仙/進々堂 京大北門前/喫茶チロル/六曜社珈琲店(1階)/名曲喫茶 柳月堂/スマート珈琲店/前田珈琲明倫店

〈ケーキ〉

ぎおん石 喫茶室/jazz spot YAMATOYA/ラテン/喫茶憩/自家焙煎珈琲 喫茶インパルス/ラ・ヴァチュール/六曜社地下店

〈飲みもの〉

喫茶ソワレ/祇園喫茶カトレヤ/築地/長楽館/喫茶 茶の間/花の木

コラム1 テイクアウトで楽しむお店の味
コラム2 マッチコレクション
コラム3 喫茶空間に華を添える芸術作品
コラム4 店主の思う、純喫茶とあまいもの
コラム5 シュガーポットコレクション

created by Rinker
誠文堂新光社
¥1,760 (2020/11/24 14:30:40時点 Amazon調べ-詳細)

東京版もあります!

created by Rinker
¥1,760 (2020/11/24 10:00:31時点 Amazon調べ-詳細)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。