水無月を食べて無病息災!今年ほど切実に願ったことはないかも。

  • ブックマーク

京都では毎年6月に和菓子「水無月」を食べる風習があります。

いつも、どこの和菓子屋さんで買おうかと、楽しく頭を悩ませているのですが、今年はなんと!夫が水無月を手づくりしてくれました。

水無月って家で作れるんだ…!材料は、甘納豆と白玉粉などなど。果たして自家製水無月のお味はというと。

わたし

生地がむっちりしてて、めちゃくちゃおいしい!!!

しっかりおいしくてビックリしました。

息子が気に入ってしまい、私が大きい方の水無月を食べると、ものすごく怒る。

何度か作るうちにすっかり要領を覚えた夫は、しまいには30分くらいであっという間に水無月を完成させるまでになっていたのでした(ホント器用だな)

毎年慌ててお店に買いに行っていたのですが、今年はそんなこともなく、ゆっくりおいしく味わって食べることができました。

それにしても、今年ほど無病息災を願う年はないかもしれない。

そして6月も本日で終わり、早くも2020年折り返し。残り半年も何とか平穏無事に過ごしたいものです。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。