飲酒運転ゼロを目指して…SDDライブに今年も行ってきました

  • ブックマーク

2月8日は、飲酒運転の事故に巻き込まれて亡くなった妹の誕生日でした。
20歳でその命を終えたけど、もし生きていたら35歳。
 

35歳になった妹なんて、もはや想像もつかないなぁ。
 

なんてことを思いつつ、お祝いしました。
「お祝いでもないか、死んでんのに」とか毎年思いますが。 
 

—–
 

そして先日は、飲酒運転ゼロをテーマとした「SDDライブ」に招待していただき、
今年も行ってきました。
 

2007年にスタートしたこの活動。
大阪府での飲酒運転事故は、過去ワーストワンだったそうですが、
この10年で1/4に減ったんだとか。
 

それでもまだゼロではない。
 

飲酒運転なんて、飲んだ後に車を運転しなければなくせるはずのものなのに。

このライブが毎年開催されること自体おかしいと
「ゆず」の北川悠仁が言っていて、良いこというなぁって思いました。
 

いつか飲酒運転ゼロになったら、そのときはまたお祝いのライブをしましょうと。 
 

それでもまぁ、ライブは豪華な出演者たちが勢ぞろいで、存分に楽しませてもらったのでした。
TRFが歌った「BOY MEETS GIRL」「EZ DO DANCE」「survival dAnce」の3曲は、
どれも私の青春時代の思い出が詰まっていて、本当に踊りだしたいくらい楽しかった。
 

サプライズゲストで森高千里も登場して、「私がオバさんになっても」や名曲「雨」 も披露。
 

5歳の息子も一緒に連れて行き、NHKの朝ドラで毎日流れている「雨のち晴レルヤ」を
生で聴かせてあげられたのも良かった!
 

このライブの様子は、ラジオやテレビでも流れるそうなので、
興味のある方はぜひ。 
 

【ラジオ】
LIVE SDD 2014 アンコール・スペシャル feat.ゆず
~大阪城ホールの感動をもう1度!出演全アーティスト聴かせます!

放送日時:2014年2月25日(火)16:00~19:50
生放送(途中、17:43~18:00中断含む)
出演:ゆず(北川悠仁、岩沢厚治) DJ:遠藤淳、みぃ
LIVE SDD 2014の出演者のライブ音源をオンエア。
ライブに参加した『ゆず』の2人も生出演し当日の様子を届けます

 
 

【関西テレビ】
LIVE SDD 2014
~音楽にこめた飲酒運転0(ゼロ)の誓い~(仮)
放送日時:2014年3月8日(土)深夜(予定)
LIVE SDD 2014のライブパフォーマンスをいち早く映像でお届け!
(遺族として、どこかで私も映っているかも…しれない) 

———————
 

妊娠が分かってから、大好きなワインもカクテルも飲むのを我慢していますが、
それでも飲み会にいくことはあり、その場合「私は今、お酒が飲めないんです」と断っています。
 

でも、飲めないんですーと言ってんのに、必ず「ちょっとぐらいいいじゃん」という人がいます。
これ本当に何気ない言葉ですが、呑めない私からしたらものすごく不愉快で、 
あっさり「そうなんだ」って流してくれればいいのに、
その一言があるせいで、さらに私が断らなければいけない状況になり、
お酒飲まない私が悪者みたいな空気になるんです。
 

妊婦じゃなくても、ドライバーで気の弱い人なら、そのプレッシャーに負けてお酒を飲んじゃって
飲酒運転する方を選んだりするんだろうなと思うと、なんて罪な一言なんだ!と思います。
 

なので、これ気軽に言うのホントやめてほしい、と心から願う。
 

ドライバーにはないけど、私も「お酒ニガテ」とか「飲めない」っていう人に言ってたかもしれない…
ちょっとぐらい飲んでみたらって。でも飲めない立場になりようやく気付いた…。
気を付けたい。
 

飲酒運転をなくすには、本人の心掛けは当然のことで、
「ドライバーには飲ませない」っていうまわりの雰囲気作りも大切だなぁと思った次第。 
 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。