あつあつ窯焼きPizza特集!「K PRESS12月号」発行されています。

  • ブックマーク

 

京阪の各駅に置いてあるフリーペーパー「K PRESS12月号」で、ちょっとだけお手伝い。
今月は、沿線で楽しむイタリアン!ということで、窯焼きピッツア特集になっています。

私が行ったのは大津は石場にあるお店。
生地の小麦粉からこだわっているのに、良心的な価格で、
今度はぜひプライベートで行きたいなと思いました。

高温の窯で焼くと、なーんか生地がパリッともっちりとしていて、美味しいんですよね。
ピザ特集のほか、イルミネーションの紹介や、
12月のお出かけインフォメーションなど盛りだくさん。

記事の内容はWEBでも見られるので、ぜひ⇒ 

 

今回ご一緒していただいたのは、初めましての大島拓也カメラマン
これは、ピザを真俯瞰で撮っているところかな。
焼き立てで、チーズのとろけてる瞬間をおさえるのが、なかなか大変。 

大島さんは、関西の女性誌でも大活躍されている方で、
私は雑誌でよくお名前を拝見していたため、
まるで有名人に会えたような気持ち。 

とはいえ、共通の知り合いも多く、大島さんの気さくな人柄もあって、
全然初めましての気分ではなく、子どもがいながら共働きする…
ということのあれこれについてお話したり、お仕事のやり方について話したり、
とっても楽しい取材となったのでした。

ブログでお仕事の様子を紹介してらして、
他のライターさんとかカメラマンさんの仕事っぷりが気になる私としては、
更新されるたびに覗きにいったりしているのです。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。