4/13(土)まいまい京都で、京都本ライターとしてツアーガイドをします!

  • ブックマーク

「まいまい京都」をご存知でしょうか?

まいまいとは、「うろうろする」という京ことば、だそうで、
京都の住民がガイドする、京都のまち歩きイベントのこと。

で、私もこのイベントで、京都本ライターとしてガイドをさせていただくこととなりました。
ライター仲間の堂下まみ子さんからご縁をいただき…
「ガイド!? 人前で話すの、得意じゃないしなぁ」と一瞬尻込みしたのですが、
なんせ、やっぱり面白そうなので、やってみることにしました(笑)

 

 

【北白川】 地元京都本ライターといく、北白川の乙女なカフェ・雑貨屋めぐり
~オーナーのロマンを聞けば、お店がもっと好きになる!~

そして、こんなテーマでガイドツアーを組んでみました。

まぁよく行く地元の大好きな場所なら、話ベタの私でも自信を持って紹介できるでしょう!
ということで、事務局の以倉さんと打ち合わせをして、こんな内容となりました。

日程は、4月13日(土)14時~ 2時間程度。 

具体的な内容としては、ブログでも何度か紹介していますが、
私の大好きな雑貨屋さん「小さい部屋」 そうげんカフェ などのお店に寄って、
店主にお話をきかせてもらったり、これまた私の大好きなエリア、白川疎水道を歩いて、
洋館・駒井邸を横目に散策してみたり…
といった内容を考えています。

取材に行くといつも思うんですが、店主の話を聞くと、
お店の魅力の深い深いところまでよく理解できて、本当に楽しいのです。
私は、基本人見知りで、知らない人とすすんで話をするということはなく、
むろん仕事以外でお店に行ったら一人で静かに見ていたいタイプなのですが、
それでもやっぱり思い切って店主に話を聞くと、絶対面白い。

こんな思いでこの商品が置いてあるのかーとか、
え?そんなきっかけでお店をオープン?とか。

取材の裏側をちょっとのぞき見るような感覚で、
カフェ・雑貨屋さん巡りができたらなぁと思っています。

ツアーの受付開始は、今週末3月10日(日)20時より。
参加費用は2,000円(保険料含む)で、寄るのは小さなお店ばかりなので、
定員10名(先着順・要予約)にしてもらいました。
…が、10人集まるでしょうか。ドキドキドキドキ。

ツアー後は、希望者のみ「そうげんカフェ」で、のんびりお茶ができたらなぁと思っています。
4/13は、うまくいけば、疎水沿いの桜、まだ見られるか…なぁという絶妙なタイミング。 
桜が散ってないといいなぁ。

興味のある方、ぜひ春の京都散策、ご一緒しましょう☆

先日、「まいまい京都」のツアーが一体どんなものなのか?ということを知るために
一度ツアーに参加させてもらいました。

まわりは知らない人ばかりで、しかも子連れで、ちょっとドキドキしながらの参加でしたが、
ガイドさんの話を聞きながら、てくてく歩くうち、ほかの参加者さんともいつの間にか
話が盛り上がったり、歩いてみると「ここに、こんなお店あったんだぁ」と
知っているようで知らなかった意外な発見も多く、すんごく楽しめたのでした。

こりゃ、リピーターさんも、一人で参加する人も多いはずだわ…と納得。
そのとき教えてもらったお店、すでに何度か行ったりしていて、とても魅力的だったので、
またブログで紹介したいと思います。 

 

まいまい京都のチラシでも、ちゃっかりガイドさんとして紹介してもらいました。
ありがたい! 

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。