来年の手帳をトラベラーズノート→アクションプランナーに変更。

  • ブックマーク

ついに我慢しきれず、買っちまいましたよ。
佐々木かをりさんプロデュースの手帳、アクションプランナー。

先日、佐々木さんの講演会に行って以来、いたく感銘を受けて、
「寝るのも仕事」「自分を予約する」などなど、
取り入れられることを少しずつ実践していましたが。

トラベラーズノートのバーチカルタイプは、土日のスペースが平日の半分しかなく、
どうしてもなんか損してる気がして(←気のせい)
予定が少ししか書き込めないのが、やりたいことが少ししかできないような気がしてくる…。
というわけで、ついに選べるカバー55色から、
私はジェントルタイプ 色: シャインブロンズ というやつを購入。

トラベラーズノートは、中のノートを無地タイプに入れ替えて使い続けることに決定。
改めて、カスタマイズができるって、素晴らしい。
それで、マンスリータイプは、アクションプランナーと合わせて使うことにしたけれど、
行き場のないバーチカルタイプ、誰かもらってくれませんか…(マジ)

で、アクションプランナーをトラベラーズノート同様、カスタマイズ。
手帳にはいつもゴムバンドを使用していたのですが、トラベラーズノートのゴムバンドが
便利で使いやすかったので、カバー裏に自分で穴をあけてゴムを通してみました。
普通の手帳もカスタマイズしたらいいんだね。
今まで以上に愛着湧いています。

ちなみにペン差しは使わず、ノートに挟んだまま、が私には便利。

先日のことり会のときに、それぞれ手帳について話を聞いてみたら、
山田ねーさんも、辻ちゃんもバーチカルタイプではなく、
それぞれ自分の好きなタイプがあるようで、
なかなか興味深かった。

だから、手帳ってあれだけいろんな種類があるのねぇ。

もうすぐで新しい年がやってくる。
さっそく来年一年の自分を予約しようと思います!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。