お茶目ないれもん「IREMONYA DESIGN LABO KYOTO京都本店」

  • ブックマーク

なんだか鼻がムズムズ、そういえばこないだから肌の調子も悪いような…。
そう、今年もやってきたのです、花粉の季節がぁ。
花粉症デビューして4年。
なって良かったことと言えば、この季節、花粉症の人とは
初対面でもすぐに意気投合できるということくらいか。
受け入れ、上手に付き合っていくしかない。
それにしても、花粉、今日はよく飛んでた!

さて、本日紹介するのは、これまた先日取材したうちの1件、
IREMONYA DESIGN LABO KYOTO京都本店。

この、愛嬌たっぷりの表情が可愛らしい収納ボックスが人気です。
ファイバーという特殊な紙で作られていて、軽くて扱いやすいのに丈夫。
それに、いろいろなサイズ、色、カタチがあって、
それぞれにアンディーとかボビーとかココとか、名前がついてたり。
これがまた親しみが持てる要素になっているのかも。

 

カメラマンさん、こちらでもテキパキ撮影しています。

私はといえば、取材の合間に「子どものおもちゃや洋服をしまうのにいいなぁ」とアレコレ物色。
こんなに可愛いいれもんなら、喜んで片付けしてくれそう…と目論んでみたり。
まぁまだうちの息子はハイハイもできていませんが。

お店には、収納ボックスのほかファイルや家具、
テーブルウェアなども置いてありました。
あと、古い建物好きとしては、築100年の京町家を改装した店舗も魅力的。

IREMONYA DESIGN LABO KYOTO京都本店
住所:京都市中京区二条通高倉西入松屋町51
電話:075-256-5652
時間:11:00~19:00 無休

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

ただいま第7期生(グループ講座)を募集中です。※マンツーマン講座は満席となりました。