お茶目ないれもん「IREMONYA DESIGN LABO KYOTO京都本店」

  • ブックマーク

なんだか鼻がムズムズ、そういえばこないだから肌の調子も悪いような…。
そう、今年もやってきたのです、花粉の季節がぁ。
花粉症デビューして4年。
なって良かったことと言えば、この季節、花粉症の人とは
初対面でもすぐに意気投合できるということくらいか。
受け入れ、上手に付き合っていくしかない。
それにしても、花粉、今日はよく飛んでた!

さて、本日紹介するのは、これまた先日取材したうちの1件、
IREMONYA DESIGN LABO KYOTO京都本店。

この、愛嬌たっぷりの表情が可愛らしい収納ボックスが人気です。
ファイバーという特殊な紙で作られていて、軽くて扱いやすいのに丈夫。
それに、いろいろなサイズ、色、カタチがあって、
それぞれにアンディーとかボビーとかココとか、名前がついてたり。
これがまた親しみが持てる要素になっているのかも。

 

カメラマンさん、こちらでもテキパキ撮影しています。

私はといえば、取材の合間に「子どものおもちゃや洋服をしまうのにいいなぁ」とアレコレ物色。
こんなに可愛いいれもんなら、喜んで片付けしてくれそう…と目論んでみたり。
まぁまだうちの息子はハイハイもできていませんが。

お店には、収納ボックスのほかファイルや家具、
テーブルウェアなども置いてありました。
あと、古い建物好きとしては、築100年の京町家を改装した店舗も魅力的。

IREMONYA DESIGN LABO KYOTO京都本店
住所:京都市中京区二条通高倉西入松屋町51
電話:075-256-5652
時間:11:00~19:00 無休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。