フリーペーパー「ことり会だより」vol.1、ついに発行しましたー!

  • ブックマーク

ついに「ことり会だより」が、刷り上がりましたよ。
1500部印刷したのですが、それを冊子の形になるよう、
コツコツを折っていかねばなりません。

で先日、株式会社フィールドさんに場所をおかりして、
デザインを担当してくれた乙女たち、センムさん、辻ちゃん山田ねーさん
みんなで折り作業をしてきました。

 

こんな感じで。

最初は、楽しくみんなでおしゃべりしながら、女子会ムード。
だったんですが、後半はだんだんと疲れが出てきて、ひたすら黙々と切って、折って。
なんか全然使ったことのない腕の筋肉が痛くなりました。

そして、この作業4人で1時間やって100部しかできないということが判明。
1500部あるんですが?

紙が重なって、鉛筆で線を引いたみたいになってる~。かわいい~♪
と盛り上がったところ。

というわけで、お手元に届くであろう「ことり会だより」は、
間違いなく誰かが大切に切って折ったものです。

手づくり感満載。多少いびつなのはご愛嬌ということで。

 

昨日、いろんなお店に置いてもらえるようお願いしてきました。
(一緒に旦那さんの個展のDMもお願いしてきました)

今のところ、下記の4ヵ所に20~30部ほど、置いてもらっています。
どこも私の大好きなお店ばかり。
お店を楽しみつつ、最後に「ことり会だより」を手に取ってもらえたら嬉しいです。

ガケ書房さん(@gakeshobou) →過去記事はこちら

恵文社さん(@keibunshabooks)

菓子チェカさん(@doumobokudesu ) →過去記事はこちら

そうげんカフェ →過去記事はこちら

 

そして、遠方の方で「ことり会だより」を欲しい!という方は、
山田ねーさんの執事さん宛に、メールにてご連絡ください。
「ことり会だより希望」というタイトルにしていただけると分かりやすいかと。

お手数ですが、返信用封筒と切手をご用意していただくことになると思います。

tsubakiyabutler@gmail.com (椿屋執事宛)

郵送手続きについて、執事さんより連絡がいきます。
お問い合わせをお待ちしております★

 

あ、肝心の内容ですが、

特集は、ことり会メンバー3人のお仕事七つ道具。
連載は、私が大好きな洋館について、山田ねーさんは京都を舞台にした本を紹介しています。
そして全ページ写真は一切なく、辻ちゃんのカワイイイラスト満載、です!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。