トラットリア サルティンバンコ…野菜がおいしいイタリアン

  • ブックマーク

GW終わっちゃいましたねぇ。
皆さんどのように過ごされたんでしょうか。
私は、GW初日に行ったバーベキューでお肉に当ったようで、
地獄の苦しみを味わっておりました。3日間ほとんど何も口にできず…
思い出すのは…青空の下に出しっ放しにしておいた生肉。

皆さんも食中毒、気をつけてください。

さて、先日ライター友達とおいしいイタリアンへ行ってきました。

烏丸御池から歩いて5分程度の「トラットリア サルティンバンコ」へ。
ランチはAランチ(1000円)、Bランチ(1500円)、シェフおまかせランチ(3000円)の3つ。
私たちは、デザートがセットになったBランチを。

 

スープは、新じゃがのスープだったかな。
前菜は、野菜いろいろ。
生野菜にオイルをかけたものや、軽く味付けしたものなんだけど、
野菜の味が濃く甘く、すっごく美味しかった!
野菜のおいしさに自信があるから、こんな一皿ができるんだなぁとしみじみ。
上品にちょっとずつだったけど、
野菜のあまりのおいしさにバクバク食べたいと
思ってしまったのでした。

 

メインのパスタ。
私はイカスミが生地に練り込んであるイカとアスパラのパスタ。
友達は、トマトソースのパスタ。

 

デザートは、ブラマンジェ。はちみつの優しい甘みに、トローンとなめらかな食感。
食後のドリンクには、ビスコッティが付いてきました。
紅茶に浸して食べたら、苦みがきいててとっても美味しい。

そして、そして、このパンがなんともいえず美味しい。
バターも何もつけずにそのまま頂くんですが、
小麦の甘みというのかな? 香ばしくたまらんおいしさ。
お店で焼いているのではなく、近所のパン屋さんから買っているそう。
そのお店、教えてもらいました。それはまた次回。

というわけで、大!大満足のランチコースだったのでした。

次回は夜!だ。


トラットリア サルティンバンコ

住所:京都市中京区押小路通両替町西入ル ベルメゾン1F
電話:075-213-5046
時間:11:30~14:00LO、土日祝12:00~15:00LO、18:00~23:00LO 月、第3火休

近所のパン屋さんはこちら

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。