アート作品を身に着ける感覚!「Uneka」のアクセサリー

  • ブックマーク

お友達のガラスアクセサリー作家、真紀ちゃんに誘われて、
とーっても素敵な展覧会に行ってきました。

 

布と金属を中心に コモノ を制作する一点ものブランド『Uneka』の展覧会。
作家の花里 由音香さんは、真紀ちゃんの友達だそうで、私はこのとき初めて
作品を見たのですが、こ・れ・が、本当に素敵で、
私はもう、すっかりファンになってしまったのでした。 

置いてあるのは、ピアスやネックレス、ブレスレット、
ブローチといったアクセサリーから、バッグやストールなどの小物まで。 

造形といい、素材感といい、色づかいといい、 どのアクセサリーも、
これまで見たことのないようなものばかり。

アクセサリーとか、雑貨とかいう前に、むしろ、これはアート作品じゃ?
と思うようなデザインで、本当一つひとつじっくり見てみたくなる。

でも写真じゃ、その可愛さが全然伝わってない…ですね。もっとすんごく可愛かったのに!

これは、一緒に行ったアクセサリー作家の慶子ちゃんが、ストールを試着しているところ。
後姿がこんなに可愛いストールってある?
この布でできた花のような部分を前に持ってきて、ネックレスのようにしてもカワイイ。

で、3人でお互いに「可愛い~!」「似合うー」とか、きゃーきゃー言いながら、
結局1時間くらい「Uneka」の世界を楽しんだのでした。 

散々迷って購入したのが、この片耳ピアス。

これお店のスタッフの人が着けててすごく可愛くて、数ある中から好きな色、サイズのを選んで購入。
片耳ピアスは8000円くらいのもあったのだけど、これは2940円でお財布にやさしい(笑)

着けたイメージはこんな(HPより拝借)

耳元でゆらゆら揺れるのが、かわいい。

展覧会をしている「AREA2」というお店もすごくかわいかったので、
またの機会に紹介したいと思います。

Unekaさんの展覧会は、8/8まで。
真紀ちゃんによると、こんなにたくさんの作品を一度見られることはめったにないそうなので、
気になる方はぜひ!

Uneka  かんしゃさい

期間:2012 7.26(thu)-8.8(wed)

場所:京都 二条 AREA2
住所:京都市中京区西の京小倉町22-9
電話:075-585-4041
時間:10:00~20:00 ※火曜休 契約P有

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。