京都・西陣のレトロ喫茶「逃現郷」…何かに疲れたら逃げ込みたい

  • ブックマーク

そういえば、もう3月末のことになるけれど、ことり会のメンバーで、こんなカフェへ行ったのでした。
西陣にある「逃現郷」。名前がイイです、現実逃避をもじった?桃源郷的な?

山田ねーさんが「絶対、小春さんの好きな感じ」といって連れて行ってもらったのですが、
ドンぴしゃで、好きです、こういうの!佇まいがイイです。
私の大好きな、レトロで昭和チックな香りがプンプンします(笑)

カフェというより、喫茶かな。 

店内の雰囲気があまりにも素敵だったので、パチパチとたくさん写真を撮らせてもらいました。
モダンなんだけど、どこか懐かしい雰囲気。
とっても落ち着く空間です。

面白そうな本もたくさん並んでいました。
手ぶらでふらりと行って、本など読んでまったり過ごしたい。 

そりゃあ、猫も寛ぐってな感じ。 猫アレルギーなので、さわれませんが。
見て癒されるとします。 

 

頼んだのがコーヒーだったのか、カフェオレだったのか…もう定かではありません。
小さなおやつが一緒に出てきて嬉しい。

お店の人の話では、店の奥に整体のお店があるとか。

身体がほぐれた後は、コーヒー飲んでほっこり…とか。
こんなお店が近くにあったら、いいわー。

逃現郷(HPがないので、食べログを参考に)
住所:京都市上京区今出川通大宮上ル観世町127-1
電話:075-354-6866 
時間:7:00~24:00 水休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第4期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。