市役所近くに素敵なアンティークショップを発見!「GALLERY SARYU」

  • ブックマーク

 

昨年、旦那さんが個展をしたアンティークベルの横に、
とっても素敵なアンティークショップがオープンしていました。
昨年12月にオープンしたところなんだそうです。

パッと見たところちょっと高級そうな店構え…と躊躇したけれど、
鮮やかな青い色のドアに惹かれて入店したら、
古いもの好きにとっては、まるで天国のような素敵な品揃え。

食器や照明器具のほか、洋館のステンドグラス、古いドアといった建具も置いてありました。

今、古い家をリフォームしながら住んでいるので、
こんな可愛いらしいステンドグラスどこかに使えたらなぁと夢みつつ。

右の棚の上に置いてある丸窓も、たまらなく好きなアイテム。
食器なんかは高級そうで、手に取るものこわいくらいと思ったのですが、
写真右下にある薄紫色のガラスの小皿は1000円以下で、お手頃なのもあり。

同志社大学の近くにあるという姉妹店「陽燈館」は、
「明治大正のアンティークが彩るカフェ・バー」だそうで、
サイトを見てみたら、これまたドンピシャで大好きな雰囲気!

こちらもぜひとも行ってみたい。

ショップカードも素敵でしたー。
左のSARYUのカードは、結構な厚紙に文字やイラストが型押ししてあって、
とっても高級感があります。
右の建物のようなカードが姉妹店のカード。
訪れたら、ぜひこちらも手に取って見てみてください★ 

GALLERY SARYU
住所:京都市中京区姉小路通寺町西入ル丸屋町334-1
電話:075-254-7164
時間:12:00~19:00 不定休

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。