子連れでお出かけ!プラレール天国、「キッズデゴイチ」へ

  • ブックマーク

以前このブログで、「親子でぶらり 電車ウオッチング」という
京阪のフリーペーパーを紹介しましたが、
そこに載っていた気になるお店「キッズデゴイチ」へ、ついに行ってきました。

祇園のど真ん中、四条花見小路からちょっと南東へ行ったところにあります。
お店の前には、ドーンと汽車の車輪。

入場料は、大人700円、子ども2歳以上は300円を払って中へ入ると。

こーんな感じで、プラレールが部屋中に敷き詰められています。
これって、小さな男の子にとって、夢の世界じゃ…。

部屋の一角には、小さな子が座って遊べるコーナーがあります。
ここにも新幹線やらミニカーやらトーマスやら、おもちゃ天国。

棚に置いてある新幹線もトーマスも好きなのを選んで走らせることができます。
トーマス、かわいい。

こんな感じで、息子、夢中。

 

子どもたちが遊んでいる間、
大人はドリンクバーで好きな飲み物を選び、テーブルでまったり。

朝の11時くらいに行きましたが、テーブルは半分以上埋まっていて
12時くらいには満席になっていました。すごい人気です。

旦那さんは、一瞬夢中になって息子とは別で一人プラレールで遊んでました。
どんだけ。

ほかの家族を見ても、お父さんと子どもが遊ぶという構図が多くみられました。
男の人って、こういうの大人になっても、楽しいんでしょうか。

最初は珍しくて、私もあれこれ遊んでみたのですが、すぐに飽き…

お腹がすいたら、食事メニューもいろいろ揃っています。

授乳室もありましたが、簡単なカーテンで仕切るタイプで、ちょっと使いにくい印象。
きちんとした個室になっていたら、うれしい。
あと希望としては、オムツを替えられる場所があればベストなのだけど。

上の子が、プラレールで遊べるくらい大きくても
下の子が赤ちゃんだと、いろいろ大変。
離乳食があれば…とか言い出したらきりがないか。

でも、とにかく息子は大興奮で、プラレール天国を満喫。
土日は2時間(平日は3時間)しかいられないのだけど、
それでは、まだまだ足りないくらい楽しんでいたよう。

「大宮交通公園」に続き、すごくお気に入りの場所になったようなので、
ぜひまた連れて行ってあげたいと思います。

キッズデゴイチ
住所:京都市東山区花見小路新門前東入ル南側 祇園フルリール1階
電話:075-533-8196
時間:平日・土曜 10:30~21:00 日祝 10:00~20:00
休み:不定休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。