京都府立植物園&京都府立陶板名画の庭

  • ブックマーク

秋晴れの休日。
某編集部の人にチケットをもらったので、久々に植物園&陶板の庭へ。

陶板の庭は、徳島の大塚国際美術館と同じで、名画を陶板に再現したものが
展示されている。建物は、安藤忠雄氏が設計したのだそう。
むき出しのコンクリートに作品が展示してあって、まさに安藤さんという感じ。

最近、この絵ばかり見てるような。
こちらもほぼ原寸大。
室内で見るのと、開放的な青空の下で見るのとはまた印象が違う。

さて、植物園に入ると、可憐なコスモスがお出迎え。
並木道を歩くと涼しい風が葉をサラサラと揺らしてて、心地良かった。
緑の中をのんびり歩いていたら
森林浴の効果なのか、マイナスイオンのせいか
歩きながら眠くなるほど。とーっても癒された気分。

隣り合う「京都府立植物園」と「京都府立陶板名画の庭」では
来週の日曜日まで「第39回 京都野外彫刻展」を開催中。
植物園の中にもあちこち立体作品が飾ってあって面白かった。
上の写真は、扉のよう。

園内では緑色のモミジもたくさん見かけて、
紅葉したらさぞかしキレイだろうと思う。
京都の秋というと、お寺ばかりに目が行くけれど、
こんな近くに名所があったんだ。

京都府立植物園
住所:京都市左京区下鴨半木町
電話:075-701-0141
時間:午前9時~午後5時(最終入園は午後4時)
入園料:大人200円

京都府立陶板名画の庭
住所:京都市左京区下鴨半木町
電話:075-724-2188
時間:午前9時~午後5時(最終入園は午後4時30分)
入園料:大人100円

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。