きょうと小冊子セッションに行ってきました。

  • ブックマーク

もう今日で終わってしまったんですが、
ガケ書房と恵文社で開催されていた「きょうと小冊子セッション」へ行ってきました。

イベントの内容は、以下HPより。

——————

ミニコミ、リトルプレス、同人誌。
雑誌や出版物の低迷期と呼ばれる現在だからこそ、
個人的ミニメディアの勢いはとどまるところを知りません。
一過性のブームではなく、小さな出版物を愛で、
そして販売し続けてきた2店舗がタッグを組み、
本当に面白い小冊子をご紹介・販売いたします。

——————

というわけで、現在自費出版で本作りを進めているのもあって、
どんな印刷物があるのか見に行ってきました。

小冊子だからこそ可能な、個性的なデザインが多くて目移り。
本のサイズも内容もレイアウトも、どれも世界に1冊だけという感じ。

いろいろじっくり見させてもらい、最後にお目当ての1冊を購入して帰ってきました。

買ったのは、名古屋でフリーの編集者として活躍している
こんどうみきさんの小冊子、「なごみなごや」650円。

いつもは500~600円の雑誌買うのにも躊躇して
結局立ち読みで終わったりするのに、
気に入ったものを買うときって、値段一切関係なし。

で、私は、こんどうさんが自費出版した「カフェうらら」という本を手にして以来
すっかりファンになってしまい、今回もこれを手に入れたいがために行ったというわけ。

こんどうさんの書く文章は、分かりやすく読みやすいんだけど、
表現が全然ありきたりでなく、またお店を紹介するこんどうさんの視点もすごく魅力的。

で、おまけに可愛らしいカフェの写真も自分で撮影してしまうという…。
憧れの人なのです。

今回の、トレーシングペーパーの表紙カバーがかわいい。
実は、ココチ本の表紙もこれを使いたいねと検討中。
うーん、参考になる。

本の最後には、小さな封筒が張り付いていて、
かわいらしいおまけが入っていました。

コーヒーショップを紹介してある3つ折の紙。

これだけのお店を一人でリストアップして取材して、撮影してレイアウトするって
ものすごーい労力が必要なはず。

私もいつか自分だけの冊子を作りたいけれど、
その労力を想像しただけで眩暈がする…。
あぁ。

きょうと小冊子セッションは終わってしまいましたが、
「なごみなごや」は引き続き、ガケ書房や恵文社で取り扱いがあるようです。

くわしくは、こんどうさんのブログにて。

本に載っているのは名古屋のお店ばかりだけど、
眺めているだけで幸せ~な気分になれます。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。