近江八幡、ヴォーリズ建築巡り(02)

  • ブックマーク

さて、続きです。

旧八幡郵便局から、徒歩5分くらいのところにある、
アンドリュース記念館(旧近江八幡YMCA会館)

ここは、宣教活動の拠点として、ヴォーリズが初めて設計を手掛けた建物だそう。
(もともとヴォーリズは、宣教師として来日しているので)
とてもキレイに直してあります。

煙突と窓のカタチが印象的。

ここは古い町並みが残る新町通り。

石畳が敷かれた道と、格子戸の家が並んでいて風情たっぷり。
こんな情緒ある所を歩いていると、ちょっとしたタイムトリップが味わえて、すごく楽しい!
近江八幡には、ヴォーリズ建築以外にも、魅力的なスポットがたくさんある。

新町通りを山側へ向かって歩くとたどり着くのが、ヴォーリズの設立した、近江兄弟社。
メンソレータムの販売事業などを手掛けていました。

中に入ると、リップクリームやハンドクリーム、日焼け止めなどが販売していたほか、
社の歴史のようなものが分かる資料館のようにもなっていました。

近江兄弟社のHPで、ヴォーリズのことが詳しく紹介されていました。
興味のある方はこちら→

そのすぐ目の前にあったヴォーリズ像。
一応、来たよという記念で、写真に収めてみました。

こちらは、池田町洋風住宅街。
ヴォーリズの手掛けた住宅が並んでいます。
たぶん個人の所有する建物ゆえ、見学は外観のみ。

それでも、十分に楽しい(笑)
あの玄関いいなぁとか、窓の形いいなぁとか、お庭がいいなぁとか。

ここに並んでいる家々は、レンガの塀、高い煙突、広い庭…と
アメリカの開拓時代を象徴するスタイルが特徴。
米国の郊外住宅に多いコロニアル・スタイルとよばれる
建築様式が取り入れられているそうです。

洋式の建物に縁側があったりして、
洋館なのに、よく見ると和の要素が含まれていて
それが絶妙にマッチしているところがイイ。

…(3)へ続く。

 

近江八幡、ヴォーリズ建築巡り(01)
近江八幡、ヴォーリズ建築巡り(03)

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。