残暑の今こそ食べたい…「月ヶ瀬」のあんみつ

  • ブックマーク

京都は最近ずーっと真夏のような暑さですが。
これは、いつまで続くのですか。

で。

クーラーのない暑い仕事部屋でひーひー言いながら原稿を書いていたら
ふと、食べたい!!と思いついたのが、月ヶ瀬の「白玉あんみつ」(780円)。

ふっくらとした漉し餡に、つやつやの白玉、ぷりっとした寒天もおいしかったなぁ。
あっさり素朴な味なのに、やみつきになりそうなおいしさ。
おまけに、練乳や抹茶アイスなどをトッピングすることもできます!
甘いもの好きにはたまらん。

これはずいぶん前に取材したときの写真。
我ながら、なかなかおいしそうに撮れていて、余計に食べたくなる!

このとき訪れたのは御池通りを下がったところにある堺町店。

モダンなビルの1階にあります。


店内もスッキリ今風。

堺町店のほか、四条河原町の本店、高島屋京都店にも入っています。

甘味処 月ヶ瀬
住所:京都市中京区堺町通御池下ル アーバンライフフォルムズ烏丸御池1F
電話:
075-212-1959 
時間:11:00~19:00 休:水(祝祭日の場合翌日休) 水・月末木 休み 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。