10月は1ヶ月で100記事書き上げる「100ブログチャレンジ」をやってみる!!(3/100)

メルマガをいつも楽しみにしている立花岳志さん(たちさん)が、Facebookに力強くこう宣言。

ブログ筋が落ち過ぎなので、10月は #100blogs やります!!一緒にやる奴、出てこいやー!!

#100blogs というのは、1ヵ月で100記事を書くチャレンジのこと。

ブログ筋というのは、ブログを書く筋肉という意味で、ブログを書き続けないと書く力が衰えてしまう、筋トレと同じという意味です。

広告

筋トレのように書き続ける

書けば書くほど「書ける筋力」がつくというのは、ブログを10年続けてきた私も、すごく実感しているのだけど。

わたし
でも…1ヶ月で100記事は無理でしょう!!!!????

って。

私が、今までに1ヶ月で一番多く書けたのは、たぶん31記事。1日1記事書いてやっとそれ。

たちさんは、これまでに何度も仲間を募りつつ#100blogs にチャレンジしていて、そのときは「はぁ〜、すごいなぁ」と遠巻きに見ていたのだけど、今回は「私もやってみたい!」と思えたので、思いきって挑戦してみることに。

今までは怖くてやってみようとかも思えなかったのだけど、やりたいなってふと思えた自分に驚いて。ちょっと挑戦してみます。

1ヶ月100記事のスケジュールは?

1ヶ月に100記事書くためには1日何記事、書けばいいのか?計算してみました。

平日 3記事×22日=66記事
土日祝 4記事×9日36記事
——————–
合計 102記事

これを守れば、クリアできる!!

というわけで、初日はこの記事で3記事更新完了。

なんか不安しかないけど、やると宣言したからには、どうやったらやり切れるかを考えたいなぁ。応援よろしくお願いします(笑)

 

 

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は4月22日スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや、ブログに書けないような日々の気づきなどを綴っています。最近多いのは、自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事です。