【お家時間をたのしく】アンティーク椅子の布を張り替えました。京都『いす張り替え chair kanda』

  • ブックマーク

今年はコロナ禍のため家で過ごす時間が多かったせいか、ふだんなら見過ごしていることも、ずーっと家にいると見過ごせない…みたいなことが続き、ようやく手を付け…家の中の不便だったこと、ストレスだったことが、ちょっとずつ解消されていきました。

おかげでちょっと家も片付いて、家の中の小さなストレスが少しずつ減っていき、コロナ禍前に比べると、ずいぶん快適な空間となりました(まだまだ手を付けたいところはたくさんあるけれど)

布がボロボロになったアンティークのイス

で、前からずーっと気になってたのが、ダイニングのイス。

アンティークショップで買ったものだったので、元がすでにボロかったのだけど、座り続けるうちに布のやぶれがひどくなり、こんなことに!

1日3回の食事をするたびに、このみすぼらしいイスが目に入るのは、ホント小さなストレスなんだけど、積もり積もって、私を憂鬱にさせていたのでした。

半年くらい前に、友達が『いす張り替え chair kanda』さんを紹介してくれていたことを思い出し、思い切って修繕を依頼。

張り替え前

まずはかんださんに連絡をして、椅子の現状が分かるよう、写真を撮って簡単な見積もりを出してもらいました。

私は税抜き4,500円とのお返事をもらったので、即お願いしました。今回のように取り外しができて、縫製のいらないシンプルな座面の場合は、だいたい5000円前後になるのだそう。以前、別のイスを修繕してもらったときは、(布の張り替えとクッションもやり変えてもらい)1〜2万円くらいだったという記憶があったので、5000円以下とは破格!

しかも、今回のような小椅子の場合、京都市内であれば配送料なしで、家まで取りに来てくれるとのこと(大型ソファなど、トラックを手配する必要がある場合はまた別)

かんださんは取りに来てくれた際に、張り替え用の布の見本をたくさん持ってきてくれました。事前に好みの質感や色味などを伝えておいたので、それに合わせた見本帖を何冊か。

それでも布はかなりの種類があって、迷いに迷う。私の希望は、シンプルでクラシカル&レトロ。かんださんがある程度、私の好みに合わせて絞ってきてくれていたので、助かりました。そうしてもらえてなかったら、永遠に決められなかったかも。家具屋さんを通してとかではなく、職人さんに直接あれこれ相談できたのもよかったです!

張り替え後

1週間後に完成したイスをまたまた自宅まで配送してくれて、本当にスムーズに修繕が完了。費用は4,950円!!

あれこれ布が選べて、きれーいに布も張り替えてくれた上、配送までしてもらえて、この価格!

私が選んだのは、前と同じ緑系統の色で(写真ではグレーに見えるけども)、ツヤッとした質の生地に。

あんなにボロボロだったイスが、こんなにキレイに!生まれ変わりました〜!!すごい!

もうボロボロのイスを見なくていいのかと思うと、それだけで気分爽快(笑)

こんなにキレイになって、イスも喜んでるような気がする。

大々大満足の椅子の張り替え。

chair kanda

直したい椅子があれば、ぜひ一度『いす張り替え chair kanda』のかんださんに相談されてはいかがでしょうか!

私は次、ソファの布の張り替えを検討中。買い替えなくても、こんなにキレイに生まれ変わるなんて、本当に魔法のよう。ぜひまたお願いしたいなと思ったのでした。

連絡先

TEL•FAX  075-366-6637
E-MAIL    chair.kanda@gmail.com

所在地

〒604-8482  
京都市中京区西ノ京笠殿町19-3

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。