京都・浄土寺「オオマエ」のアップルケーキ。寒い日のおやつに温めて食べたい!

この記事を書いた人

江角悠子

京都在住フリーライター。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

取材からの帰り道に洋菓子やさんの「オオマエ」が近くにあったので、迷わず飛び込みました。ここは、ことり会の書籍「京都、朝あるき」でも紹介させてもらったアップルケーキが人気のお店。店内には美味しそうな生ケーキや焼き菓子がどっさり並んでいたのですが、ここにきたらやっぱりアップルケーキを買ってしまうのです。

 

text by 江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



 

アーモンドがざくざくでどっしり重い!オオマエのアップルケーキ!

ケーキが並ぶショーケースや

焼き菓子コーナー。

人気商品だけあって、アップルケーキ専用のコーナーがあります。

アップルケーキは、お店だとその日に焼いた「本日焼き」を購入できます。遠方にも送れて、「本日焼き」よりも日持ちがする真空パック入りとあり、それと区別するために「本日焼き」と「箱入り真空パック入り」とネーミングされています。

アップルケーキの本日焼き箱なし(小)は(大)の2/3のサイズで1264円。(大)は1696円。

包装はこんな。

このアップルケーキを知ったのは、友達がお持たせで持ってきてくれたから。生ケーキより気取りがなくて、日持ちもするし、持ち運ぶときも生ケーキより気を使わないでいいし、

何よりこの親しみの持てる見た目、何だろう。安心感。お持たせで持って行って、好きに切って、みんなでワイワイたくさん食べられるし、手頃な価格といい、気心の知れた友人宅に持って行くのに、本当いろいろ最高!

どっさりアーモンドにシロップ煮のりんご。
この日はまだそのままでも温かく、やっぱりおいしいな〜!!一切れでは収まらず、二切れ食べ、ひとまず我慢。

楽しみが長く続くのも嬉しい。

というわけで、ことり会の書籍「京都、朝あるき」では、こんな風にそれぞれのオススメ手土産を季節ごとに特集したページもあるので、ぜひチェックしてみてください♪

オオマエ


京都府京都市左京区浄土寺馬場町19
075-771-3697
9:30~19:00(不定休)

note(有料)はこらち

月刊マガジン「京都くらしの編集室」はこちらから。

京都に暮らして22年、京都で活動するフリーライターのここだけの話。そのほか、短いエッセイや日々の気づきなど綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします