夏休み日記つれづれなるままに雑記…2018.8.17版]

  • ブックマーク

広告

夏休み7日目

8時15分起床。  朝から雨。しとしと雨が降る中、本堂でストレッチするの、最高。

雨ふったりやんだりしていたので、由志園に行くのをあきらめて、出雲のイオンモールへ。娘は700円で遊び放題のプレイパークへ。

夕方、東京へ帰る弟夫婦を空港まで送りに。

夏休み8日目

朝起きたら、驚くほど寒くてびっくり。

何日かお酒のみ過ぎて朝起きれなかったけど、実家での最終日、早朝ストレッチ。広くて空を見ながらストレッチと瞑想できる環境、とてもよい。

早朝の出雲大社に行きたくて、8時45分頃に到着。鳥居が工事中でなかった。鳥居のない眺めも貴重だな。

朝の光の中で見ると、さらに神々しい。人も少なくて参拝しやすく、これまたとてもよい。

京都への帰り道、前々から行ってみたかった鳥取の「砂の美術館」へ!想像以上によかった!!平日だったけど、館内はまだまだすごい人。

ここまで来たのだから、鳥取砂丘にも。夏に来たら灼熱地獄だと思うけど、この日は本当に秋のように涼しく、最高だった。この眺め!絵になる!あの、丘まで行ってみたかったけど、前にも行ったから私は知っている。果てしなく遠いということを。

>関連記事:鳥取砂丘 砂の美術館〜第11期展示~北欧編~が素晴らしかった!

帰りも、新名神の宝塚北SAに寄って、夕飯。フードコートは混んでいたけれど、スタッフの人の誘導が素晴らしく、あまり待つことなくスムーズに席につけてよかった。この海鮮丼がめちゃくちゃおいしくて(期待してなかったのに)満足。

朝11時過ぎに実家を出て、夜7時半頃に京都の自宅に到着。寄り道したので長い旅路だった。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。