出版記念パーティ&枯れない花のオブジェを「Cocochi」でオーダー

  • ブックマーク

出版記念パーティなるものに、初・およばれして行ってきました!
ライターの宮下亜紀さんが、トノイケミキさんと共著で出された本「はじめまして京都」。

ずうずうしくも購入した本を持参して、宮下さんにサインをしてもらいサイン本を手にした私。

写真は一応パーティの様子を写したんですが、
暗すぎて何が何だか、誰がどれだか…という感じ。

受付のときから、それはそれは華やかな雰囲気で、
私が行くのは場違いじゃないかと、ドキドキ。
ザ・業界的な空気に圧倒されっぱなし。

それでも知り合いの編集者さんや、WEBデザイナーの横山キックさん
いつもブログを拝見している憧れのライター、高橋マキさん
以前、取材でお世話になったあらたさんガケ書房の店長・山下さんと、
カクカメ工房のカクカメさん、いろいろな方とお話しできて、
とても嬉しく楽しい時間を過ごせたのでした。

何だか、主役の人たちのことが大好きな人ばかりが集まって、
みんなが好きに楽しく過ごしている、という空気がとても心地よかった。

それで、大好きな宮下さんにお祝いを…と思ったときに
花束はたくさんもらうだろうから、
お花はお花でも残るものを贈りたいと考えて思いついたのが、
以前ブログでも紹介したことのあるお店「Cocochi」。

どんなものを贈ろうかとか、全くノーアイデアでお店に行ったのですが、
スタッフの方の提案で、メモスタンドにお花をあしらってもらって、
ライターさんということで、お花のボールペンも一緒に。

どれがボールペンかというと、実は、右の薄いピンク色の一輪の花がそう。
こーんなに可愛いボールペンを私は見たことがない。

好きな花を選んで、翌日出来上がった商品を取りに行ったら、
想像以上の可愛さで、やっぱりCocochiに行って正解だったなぁと
我ながら思っているのですが、果たして宮下さんは気に入ってくれたでしょうか。

Cocochi(ココチ)
住所:京都市左京区松ヶ崎芝本町4-1 北山アトリエビル2F
電話:075-723-1737
時間:13:00~19:00 月曜定休、6月1日~30日 12月29日~1月4日

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。