雑貨屋さん「小さい部屋」でのカフェイベント、本日最終日!

  • ブックマーク

3連休中、北白川にある雑貨屋さん「小さい部屋」でのイベント、
「Niki de Paris」に行ってきました。

アンティークの机や棚に、暮らしの道具や
可愛らしいアクセサリーが並ぶいつもの店内が
5日間だけカフェに変身。

なんとお知らせのハガキが、オーナーさんの粋な計らいで
パリ(!)から届き、それだけでもう幸せ~な気持ちで
この日を楽しみにしていたのです。

で、うかうかしている間に、イベントは今日が最終日。
興味のある方は、ぜひ駆け込んでみてください。

 

何かもう、お店の雰囲気だけでも素敵なので、
お茶しなくともつい寄りたくなってしまう。
で、3連休の間に2度伺ったのです。

 

 

テーブルのあしらいも。メニュー表も。
クッキーの包装も。何もかもが素敵★

 

カフェでは、「旅するレストラントラネコボンボン」さんのおいしい料理やクッキー、
ドリンクが用意されています。

いただいたのは、すももといちじくソーダ(450円)、
もものスムージー(450円)、クッキー袋入り(450円)。

べジランチ、カレーなどのランチメニューもあり。

こないだ開催されたときも思ったけれど、
「トラネコボンボン」さんが作り出す料理って、
素朴なんだけど、じんわりおいしくて、
なんだか長生きできそうな味というか。
とっても口福な感じ。

クッキーも甘いというより、ちょっと酸味があるんだけど
ザクッとかたい食感と、素朴な風味がおいしくて、手が止まらない。

…と、とっても魅力的なので、お時間ある方はぜひ。

パリーから届いた古道具や、おるがん社にしおゆきさんの雰囲気のある人形も置いてあります。

雑貨 小さい部屋
住所:京都市左京区北白川堂ノ前町39-6太陽ビル2F
電話:075-702-7918
会期:3/30(火)11:30~18:30まで

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。