編集長としてお手伝い!京都から発信!お茶と日常を旅するマガジン「Teapot Mag.」がスタート。

  • ブックマーク

こんにちは!京都で活動するライターの江角悠子(@ezu1030)です。

「お茶を通じて、いつもの暮らしを旅するように楽しもう」

そんなコンセプトのウェブマガジン「Teapot Mag.」(ティーポットマグ)が、八十八夜の5月2日に公開されました!

私は編集長として運営に関わらせてもらうことになり、今、改めてお茶の魅力についてどんな風に伝えられるかなと日々考えています。

さて、初投稿の記事は、最近出会ったおいしいハーブティー「LITTRE WONDERS」のおおたさんにハーブティーの魅力について伺いました。先日、八瀬のイベントで出会ったばかりなのですが、あれからすっかりハマってしまって、ソッコーでインタビューをお願いしたのでした。

今までハーブティーをそれほどおいしいと思ったことがなかったのだけど、「LITTRE WONDERS」を知ってから、おいしいと思えなかったのは、おいしいハーブティーに出会っていなかったのと、おいしい飲み方を知らなかったからだなと思ったことです。

ハーブティーの魅力をたっぷり教えてもらったので、「ハーブティーっておいしい?」と思う人ほどぜひ読んでもらいたい。

フェイスブックページやツイッターも、よろしくお願いします〜!!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。