消防隊出動

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

今日は朝もはよから、某児童公園へ。
消防局がしている救急に関する講習を取材。

真っ赤な消防車、かっこいー。
消防隊員の足というだけで、講習会では一切使われなかったけど。

児童公園は、いまだに蚊がうようよ。
ウエストにケイタイ蚊取り線香(?)を付け、撮影するカメラマン。
ファンがついたやつ。
効き目はよう分からんと言っていたけど、とりあえず刺されなかったらしい。
私は2ヵ所やられた。

この日は、駅などでときどき見かける心臓に電気ショックを与える機械、
AED(自動体外式除細動器)の使い方もレクチャー。
手順は驚くほど簡単で、スイッチをいれ、パッドを張り、ボタンを押すだけ。
コレで私もいつでもできそう。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします