絶対お取り寄せ!ガトーラスク「グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート」

  • ブックマーク

バレンタインデーはとっくの昔に終わってしまいましたが…
この時期は毎年、おいし~いチョコに出合える
チョコ好きにはたまらないとき。

というわけで、今年も出合ってしまいました。
リピート確実、すんごくおいしいチョコに。
チョコというか、ラスクなんですが。
創業百年という老舗の「ガトーフェスタ・ハラダ」の
ガトーラスク「グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート」です。
これまた、お義母さまからのいただきもの。

 

お店ではシンプルなラスクもあるみたいですが、
こちらは、片面がたーっぷりのホワイトチョコレートで
コーティングされています。

このホワイトチョコレートの厚み!

フランスパンのサクサクとした歯ごたえと、
ホワイトチョコの濃厚な味わいがホーントたまらないぃ。
でも口当たりは軽いので、パクパク2枚3枚といってしまう。

そして割とサイズもあるし、チョコが濃厚なので
あとから急にお腹が満たされた感に襲われますが。
分かっていても、1枚じゃあ私はやめられない。

ラスクというと手軽な“おやつ”というイメージだったんですが、
ハラダのはそうではなく、上品な高級菓子という感じ。
サクサクの食感なのに、チョコレートのしっとりとした口どけもあって、
幸せをたっぷり噛みしめつつ味わったのでした。あぁ美味。

本店は群馬にありますが、ネットショップでお取り寄せ可能。
関西では、梅田の阪神百貨店に入っています。
5枚入りで420円。ちょーどいいお値段だと思います。

同じような量と価格のチョコスイーツで思いついたのがマールブランシュの茶の菓
こちらも大好きですが、お得感はラスクの方が上。

繊細なチョコレートを使用しているため、
10月10日から5月上旬までの限定販売なんだとか。

ガトーフェスタ・ハラダ

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。