撮影ウィーク #取材後姿コレクション

  • ブックマーク

先週はあちこちに取材・撮影に出かけた1週間でした。

カメラマンさんのカメラを構える後姿や横顔が死ぬほどかっこいいので、
毎回お願いして撮らせてもらっている後姿コレクション。
ちょっとずつ増えていくのが楽しい。

子どもの頃から、何かができていく過程を見るのがすごく好きで、
ガラス越しにケーキ職人さんがケーキを仕上げていく様子とか、
ドラマのNGシーン集めた特番とかにはもう目が釘付け。

普段は表しか見えていないけど、
実は裏側でこんな風に作られているんだなぁ、
こんな工程を経ているのだなぁというのを知るのが心底楽しい。

2016-12-04_09-53-20_429

お久しぶりの深村カメラマンさん。フットワーク軽く、
「あ、あれも撮っておいてほしいな」と思って伝えたら、いつも先回りして押さえていてくれる。

こちらもお久しぶりの福森カメラマンさん。
街中での撮影だったので、さっと素早く撮影してくれる方がいいなぁと思ってお願いしたら、
これがもう!いつも早いけど、やっぱり早くて、感嘆のため息しか出ない。
撮影終了予定の時間には家に着いて寛いでいたのでした。あぁ、助かる。

 

—-

インスタグラムに#取材後姿コレクションというタグで
ぼちぼちアップしているので、興味ある方はぜひ。

惚れ惚れするような後姿が揃っています。

 

2016-12-05_09-03-35_000

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。