「京都 一の傳」で和のフルコース。西京漬けの魚+絶品!【京都グルメ】

  • ブックマーク

お義母さんが「すごくおいしいから、いつか連れて行ってあげる」と
言ってくれていたお店へ、先日遂に連れて行ってもらいました!

西京漬けで有名な「一の傳」。
2階では、おいしい和食のコースがいただけるのです。

 

お店があるのは、柳馬場通りを錦市場から少し上がった所。
風情ある町家の建物。
1階は、西京漬けが買えるショップ。
2階がお食事処です。

待合室もあって、ここがまた何ともいえずいい雰囲気。
床にはレトロなタイルがはめ込んであったり、
味のある照明がかかっていたり、大正時代のようなイメージ。

 

階段箪笥になっているところから2階へ。
部屋は、掘りごたつ式の座敷とテーブル席とがあります。
広間のほかに個室もあって、居心地がいいのです。

メニューは、3150円のコース料理のみ。
毎月内容が変わるそう。

 

まずは「前菜:季節の前菜盛り合せ」。
一風変わったお皿の形は、一の傳の「一」を表わしているのだそう。
見た目からして粋な演出に期待が高まります。
そして、味も期待以上!上品な味付けなんだけど、
ただの薄味ではなく、何というか手の込んだしっかりした味。

からすみ大根や、いくらのみぞれ和え、ぶりの握り寿司など、
ちょっとずついろいろ食べられるのも嬉しい。

そして「お椀:海老芋と車麩の白味噌椀」
海老芋のほっくりした甘さと、白味噌の甘さと、たまらないおいしさ。

 

「蒸し物:聖護院蕪と甘鯛の蒸し物」は、中にほくほくのユリ根がたっぷり。
そしてメインの「焼物:寒ぶりの蔵みそ焼」。パリパリの皮までおいしい!
さらには、添え物の野菜まで徹底的においしい。抜かりなし。

 

「ご飯物:土釜炊きのふっくらご飯 赤だし、京漬物」
土釜で炊かれた白御飯のおいしいこと!ふっくらつやつや。
お魚のおいしさと、柚子風味の明太子のおいしらにつられて、
何とお茶碗3杯もいただいたのでした。食べすぎ!

「水物:季節の果物 赤ワインゼリー」
最後は、あっさりと。柿やラ・フランスの上に
ほんのりワインの風味がきいた喉ごしのいいゼリー。

一品一品料理が出てくるタイミングも待たされることなく、ちょうどよく。
料理も完璧においしく、大満足。

会員になると、

<割引特典1>
本店1階のお買い物を10%OFFにさせていただきます。
<割引特典2>
本店2階のご飲食を5%OFFにさせていただきます

なんてカードがあったので、さっそく入会したのでした。

これは部屋のしつらえ。
料理も空間も上品でセンスがよく、うっとり。
壁の書は、堂本印象でした。

京都 一の傳
住所:京都市中京区柳馬場通り錦上る十文字町435番地
電話:075-254-4070
時間:食事 11:00~14:30まで注文可(一人 3150円)、買物 10:00~18:00
休み:水曜日(水曜日が祝日の場合、翌木曜日)、12月31日~1月4日

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。