婦人画報8月号、発行されています。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

2016-07-01_233819225_1735F_iOS

婦人画報の8月号は、京都特集です!
檀れいさんが1泊2日で、京都のあちこちを探訪されている様子が、
美しい写真と共に紹介されていたり、京都人がすすめる美食どころが載っていたり。
夏休みや、秋からの京都旅行を考えている人にはもちろん、
京都の人でもへぇ!行ってみたいってなるようなスポット満載でした。

永江 朗さんの5日間の食日記も面白かった。WEBで少し読めます。

 

付録で京都「井澤屋」×「婦人画報」はんなり扇子+扇子袋がついているほか、
今回とくに、これいい!ってなったのが、別冊「京都のおいしい酒場」ブック。
おいしいお酒と、おいしい肴が楽しめるお店がこれでもかって載ってて(全61軒)、
子連れではまぁ難しそうだなぁというところばかりだったけど、
チャンスがあれば、この本をチェックしてはずれなしでおいしいご飯食べに行きたいなぁ。

あ、今回私が記事を担当したのは、お取り寄せ冊子で
島田耕園さんの御所人形と、それにうちわの阿以波さん

ぜひこちらもチェックしてみてください。

婦人画報 2016年 08月号
ハースト婦人画報社
2016-07-01

 

 

 

トラベルサイズ 婦人画報 2016年 08月号
ハースト婦人画報社
2016-07-01

 

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。