婦人画報5月号、発行されています。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

2016-04-02_032059996_57FC7_iOS
雑誌「婦人画報」の5月号が発行されました。
今回もお取り寄せページにて、島田耕園さんの御所人形の記事を書かせてもらいました。
(内容はウェブでもチェックできます→こちら
2016-02-26-11-29-25
豆御所人形の五月人形がまた本当に可愛らしくて!
娘にはひな人形があるのに、息子に五月人形はないから、
これなら買ってあげられるかなぁと検討中。

だって、これだけのセットで6000円って、相当お手ごろな感じ!
小さく可愛らしいサイズなので、置く場所をとらないのも、我が家にぴったりだしなぁ。
欲しいなぁ。
2016-02-26-11-24-31
撮影は、大御所カメラマン・久保田さん。

あ、5月号には特別付録が付いていました。
婦人画報×京都「唐長」“マルチポーチ”。

ピンク色のポーチで、がばっと口が大きく開いて使い勝手◎
化粧ポーチに便利そうです。

本誌の特集は、島旅。
キレイな風景の写真、優雅なお宿の様子…
写真を眺めつつ、テキストを読み進めるだけで、
すーごく心豊かになれる。

毎月雑誌を通して、憧れのハイクラスな世界をのぞかせてもらっている感じ。

婦人画報 2016年 05月号
ハースト婦人画報社
2016-04-01

—————————————————————

●不定期エッセイnote「徒然コラム」

●お仕事のご依頼は、

writer.ezumi@gmail.comにメールをお願いします。
(分かる範囲で日時、〆切、ギャランティーなど、詳細の記載をお願いいたします)



書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。