子を亡くした親と兄を亡くした姉弟の1日…映画「歩いても歩いても」

  • ブックマーク

4月6日まで取材の予定がない。取材に行った原稿はもうぜんぶ書いた。
連載の入稿も昨日完了した。急ぎの仕事もない。

ぽっかり空いたこの1日を、神様がくれたお休みだと思って、
今日は1月に行った、グリーフケアの講演で紹介されていた映画(DVD)を見ました。
2008年公開、是枝監督の「歩いても歩いても」

映画の中では大きな事件は何も起こらない。
ただ、ある家族の、夏の1日を切り取っただけの映画なのだけど。
その1日というのは、15年前に亡くなった横山家の長男の命日。
両親の家に、娘家族と弟家族がやってきて…というお話。

娘と年老いたお母さんの何気ない会話、
お母さんが久しぶりに会う子や孫のために作る料理、
古くなった実家の台所、
死んだお兄さんのもので溢れた部屋。

子らの両親に対する思い、
親が子に思うこと。

淡々とその1日を描いているだけなのだけど、
その一つひとつがなんというか、しみじみ胸に染みて、
なんということもない会話一つで泣ける。

お母さんは、亡くなった長男のことを会話の端々に登場させる。
純平はね、こうだったの。こんなこと言って、こんなことしてたわね、と。
でも、弟が発言したことが、お兄さんが言ったことになっていたり、
思い出さえも兄中心にすり替わっていて、
今、もう一人の息子は生きて、目の前にいるのに、意識は死んだ兄のことばかり。

部屋にふいに迷い込んできたチョウチョを見つけた母親が
「このチョウチョは純平よ、お墓から着いてきたんだわ」って言ったり。

そして、その一言一言に、静かに傷つく弟。

でも悲しいだけじゃなくて、幸せな空気も感じられて、
あぁ、家族っていいなっていうのもすごく思った。

お母さんが作るご飯、それを囲んでみんなで食べる時間、
なんてことない会話がすごく幸せなことなんだなぁって。
いつまでも続くかのように思える何気ない日常が、
本当は限りがあって、すごく大切な時間なんだって。

映画の中で、答えは出してくれなくて、そのまんま、
事実をそのまんま突き付けられておしまいという印象だったけど、
それが人生なのかもなぁと思ったり。

なんだか漠然とした曖昧でよく分からない感想かもしれませんが。
全然うまく書けない。

子を亡くした親がこの映画を見たら、自分がまわりにどう映っているのか、
生き残った子がどんな感情を抱いているのか、客観的に見られるかもしれない。

 

歩いても歩いても [DVD]
阿部寛
バンダイビジュアル
2009-01-23

 

もう一つ、講演内で紹介していたこちらの映画もまた見てみたい。

岸辺の旅 [DVD]
深津絵里
ポニーキャニオン
2016-04-20

 

岸辺の旅 (文春文庫)
湯本 香樹実
文藝春秋
2012-08-03

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。